2021年
2021年9月15日
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

ソニーのAIを活用したビジネス現場向け予測分析ツール「Prediction One」、機能を拡充
~予測API機能追加によりシステムへのAI組込みを加速・組織向け2プランも提供~
新しいウィンドウで開く https://predictionone.sony.biz/

  

 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、機械学習を用いた予測分析ツール「Prediction One(プレディクション ワン)」において、予測API機能の追加、および、組織単位や全社一括導入を実現する2つの上位プラン「アドバンスプラン」、「エンタープライズプラン」の提供を、本日9月15日より開始します。

 「Prediction One」は、機械学習やプログラミングなどの専門知識がなくても数クリックの簡単な操作で予測分析が実現できるツールです。従来、データサイエンティストなど一部の専門職に限られていたAIによる予測分析を、一般ユーザのパソコンからシンプルで直感的なインターフェースを通じて簡単に利用することができます。

「Prediction One」 画面イメージ

 本ツールは、ソニーのR&Dセンターが開発し、ソニーグループ内の多様な事業組織での活用により機能の改良を重ね、当社が2019年6月よりデスクトップアプリケーション型のソフトウェアとして「Prediction One」の名称で提供を開始しました。無料期間を経て2020年8月よりライセンス販売、2021年5月にはクラウド版のサービスを開始しています。申込企業数は、現時点までに累計で21,000社を超え、その手軽さから、マーケティングや営業、生産管理、顧客サポート、製品開発など様々な分野での利用が進められています。

 

 このたび、こうした“事業の現場”でAI活用を進めるビジネスパーソンや情報システム担当者などから、日常利用している既存のシステムや業務プロセスに「Prediction One」の機能を組込みたいという多数の声があり、予測API機能を実装する運びとなりました。また、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進によるAIの組織導入の需要に応え、上位2プランを用意しました。

「Prediction One」 予測API機能追加 概要

 

■提供開始 : 2021年9月15日(水)

 

■提供料金 : 217,800円/1モデル(年間)

                    ※予測API機能の利用は、「アドバンスプラン」、「エンタープライズプラン」が 対象となります。

 

■主な特長:

・シンプルで速やかなシステムへの組み込み

「Prediction One」で作成した予測機能を、予測APIを介して外部アプリケーションから簡単に呼び出すことができます。自社アプリケーションや自社業務システムに予測機能を組み込むことで、AIの活用の幅を飛躍的に広げることができます。

 

・API運用機能をサポート

作成したAPIの運用をサポートする機能も搭載しています。APIの利用状況の確認機能、誤操作防止のための保護機能などにより、運用の利便性を向上させています。

予測API機能 画面イメージ

■利用イメージ:

・需要予測における活用例 (需要予測の自動化)

メーカーや小売業など、多くの業種にて過去の売上を元にした需要予測を行っています。

予測精度や属人化などの面で課題が見受けられることがありますが、AIによる予測分析が有効な解決手段となっています。「Prediction One」の予測API機能を利用することで、リアルタイムの自動予測が可能になり、安定したサプライチェーンを実現することができます。

 

・ECサイト上のレコメンド予測 (最適な商品のレコメンド)

ECサイト上の過去の実績データから「Prediction One」で作成した予測機能をAPIで呼び出すことで、会員と購買確率が高い商品の予測を自動化し、最適な情報を迅速に会員に提供することができます。

 

・デジタルマーケティングにおける活用例

マーケティングデータを活用したスマートで効率的なマーケティング施策を実現できます。

例えば、小売・サービス業などにおいて、デジタル上で蓄積している会員データに対して、「Prediction One」で作成した予測機能をAPIで呼び出すことで、ペルソナ分類・スコアリングを自動化し、最適なマーケティング・コミュニケーションを迅速に行うことができます。

 

■販売場所 : 子会社のソニービズネットワークス株式会社にて問い合わせを受け付けます。

 https://biz.nuro.jp/ai/predictionone/consultation/

 

※詳細はサービスページを参照ください。   

 https://predictionone.sony.biz/product/api

「Prediction One」 部門・全社導入向け新プラン 概要

 

■提供開始日 : 2021年9月15日(水)

 

■提供プラン・料金  :

                                       ※太枠内が新プランとなります

クラウド版 プラン スタンダード アドバンス エンタープライズ
学習の計算時間(*1) 100時間/月 300時間/月 問い合わせ
モデル数上限(*1) 200 モデル 300 モデル
データ保存容量(*1) 10GB 100GB
共有スペース
テクニカルサポート
価格 217,800円/年(*2) 1,320,000円/年 問い合わせ
アカウント数 1 5
予測APIの利用 ×
利用イメージ ・1~2名での利用
・小規模データを利用
・PoC、自動化しない業務利用
・5名~のチーム利用
・中規模データを利用
・APIでの自動化利用
・組織の共通ツールとしての導入
・大規模データを利用
・社内研修での活用から、API利用まで幅広くカバー

(*1)アカウント毎の上限です

(*2)1アカウントにつき、1人分の利用が可能です

 

■販売場所 : 子会社のソニービズネットワーク株式会社にて問い合わせを受け付けます。

 https://biz.nuro.jp/ai/predictionone/consultation/

 

※詳細はサービスページを参照ください。

 https://predictionone.sony.biz/plan/

 昨今、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速しており、AIにおいては既存業務の効率化に加えて、新規事業創出やビジネスモデル変革の手段としての期待が高まっています。また、システム投資のみならず、AI人材の育成・確保も課題となっています。当社は「Prediction One」を通じて、専門知識や経験がなくても高精度な予測分析を大規模で導入できる環境を提供することで、幅広い分野におけるAIの普及をサポートし、企業のDX推進に貢献してまいります。

 

 

<導入事例>

・幅広い業界・業種における導入企業のインタビューを紹介しております。詳細は以下を参照ください。

 https://predictionone.sony.biz/case/

※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

※記載の料金は全て税込み価格です。

※こちらに記載されている情報は、発表日現在のものです。検索日と情報が異なる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

 

                                                                         以上

公式 SNS

ページの先頭