2019年
2019年4月5日
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

IoT機器調査および利用者への注意喚起の取り組み「NOTICE」へ参加

こちらに掲載されている情報は、発表日現在のものです。検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。金額は消費税総額表示義務適用以前の表示となります。

 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、総務省および国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と連携して、パスワード設定等に不備のあるIoT機器を調査し、電気通信事業者を通じた利用者への注意喚起を行う取り組み「NOTICE(National Operation Towards IoT Clean Environment)」を5月中旬より実施します。

 あらゆるものがインターネット等のネットワークに接続されるIoT/AI時代が到来し、それらに対するサイバーセキュリティの確保は、安心安全な国民生活や社会経済活動確保の観点から重要な課題となっています。一方で、IoT機器を狙ったサイバー攻撃は近年増加傾向にあり、また、諸外国においても、深刻な被害が発生しています。

 ソニーネットワークコミュニケーションズでは、NOTICEプロジェクトの趣旨に賛同し、NOTICEプロジェクトに参加して、NICTのスキャン結果に基づき、IoT機器の円滑な利用に資するため、総務省・NICTと連携して、NICTから通知された情報を基に当該機器の利用者を特定し、順次注意喚起を実施することで、利用者が意図せずマルウェア攻撃に加担することがないように、注意喚起を進めていきます。

【参考】

総務省:IoT機器調査及び利用者への注意喚起の取組「NOTICE」の実施

 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01cyber01_02000001_00011.html

NOTICEについて

 https://notice.go.jp/

 

以上

公式 SNS

ページの先頭