2018年

2018年5月29日
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

-ソニーネットワークコミュニケーションズの法人サービス事業-
クラウドサービス基盤との相互接続可能なセキュアで高速な拠点間ネットワークサービス
「NURO閉域アクセス」を提供開始
https://www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/service/network/

 

 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(以下、ソニーネットワーク)は、超高速光インターネット「NURO(ニューロ) 光」の技術を基盤とした法人向け閉域接続サービス「NURO閉域アクセス」を、6月1日より提供開始します。また、「NURO閉域アクセス」と、Amazon Web Services(以下、AWS)をはじめとする各種クラウドサービス基盤との相互接続サービスも、7月中旬に予定しています。

NUROキービジュアル

 

  クラウドサービスが広く普及し市場が著しく成長する中、企業のシステム構築・運用においては、クラウドの利用を前提とした「クラウドノーマル」の考え方が広まっています。重要度の高いシステムや機密情報をクラウド上で扱うケースが増えるにつれ、企業の拠点間ネットワークには、よりセキュアで高速な閉域接続が求められるとともに、クラウドサービス基盤との相互接続へのニーズが高まっています。一方で、それらを実現するには、コストと運用管理が障壁となるケースがあります。

 

 これらの課題を踏まえ、ソニーネットワークは、セキュアで高速な拠点間ネットワークを実現すべく、複数の拠点を閉域網で接続できる「NURO閉域アクセス」の提供を開始します。また、ソニーネットワークが提供するマネージドクラウド基盤(NURO閉域コネクト、マネージドクラウドゲートウェイ、AWSコネクト)を利用することで、AWSなどの各種クラウドサービス基盤との相互接続をリーズナブルな価格で構築することが可能となります。

 

 本サービスのリリースに先立ち、「AWS Summit Tokyo/Osaka 2018 」に出展します。

「NURO閉域アクセス」 概要

■提供開始日

2018年6月1日

 

■特長

(1)「NURO」の閉域網を利用することで、セキュアかつ安定した拠点間ネットワークを実現
   拠点毎にL2モード/L3モードでのネットワーク設定を制御でき、企業内プライベートネットワークを
   柔軟に構築することが可能です。

(2) AWSなど各種クラウドサービス基盤への閉域接続を実現
   AWSとの相互閉域接続の場合、「NURO閉域コネクト」「マネージドクラウドゲートウェイ」
  「AWSコネクト」を組合せることにより、セキュアなネットワークをワンストップで提供します。

(3) 運用管理ツール「クラウドポータル」でクラウド環境と一元管理が可能で、運用管理を効率化
   AWS環境の管理とあわせ、「NURO閉域アクセス」の利用状況(トラフィック情報)の確認や拠点毎に
   L2モード/L3モードでのネットワーク設定などが可能です。

NURO閉域網サービスイメージ
NURO閉域拠点管理画面イメージクラウドポータル NURO閉域拠点管理 画面イメージ

■提供プラン

・NURO閉域アクセス

サービス名称プラン初期費用月額費用
NURO閉域アクセス

1拠点あたり上り下り最大1Gbps

オープン価格オープン価格

 

・連携サービス

サービス名称プラン初期費用月額費用
NURO閉域コネクト

10Mbps~1000Mbpsまで
複数プラン

未定

未定

マネージドクラウドゲートウェイ

10Mbps帯域利用(帯域制限)

28,000円

20,000円

100Mbps帯域利用(帯域制限)

33,000円

23,000円

1Gbps帯域利用(帯域制限)

38,000円

35,000円

AWSコネクト※

10Mbps帯域利用(帯域制限)

50,000円

15,000円

100Mbps帯域利用(帯域制限)

55,000円

25,000円

1Gbps帯域利用(帯域制限)

60,000円

63,000円

  ※AWS環境に閉域相互接続をおこなう場合に必要となります。

 

 ソニーネットワークは、今後も法人向け事業においてさらなるサービスの充実を図ってまいります。

(*1)NURO閉域コネクトとは、NURO閉域終端装置とマネージドクラウドゲートウェイを接続するためのサービスです。

(*2)マネージドクラウドゲートウェイは、拠点からの閉域接続やインターネットVPNによるアクセス、モバイルからの接続などを集約し、
          クラウド基盤へつなぎます。

(*3)AWSコネクトとは、ソニーネットワークが提供する「AWS Direct Connect」接続サービスです。「AWS Direct Connect」は、
          AWS環境への専用線接続環境を実現するためのサービスであり、低帯域から利用できます。

※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。
※Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他の
 AWS商標]は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※記載の金額はすべて税抜金額です。別途消費税がかかります。

以上

公式 SNS

ページの先頭