サービス企画・設計 TAKAHASHI SHINICHIRO 高橋 伸一郎 サービス企画・設計 TAKAHASHI SHINICHIRO 高橋 伸一郎

社員の1日を見る

担当業務のご紹介
(職種紹介)

AIの発展性を鑑みIoT事業部門より独立したAI事業室に所属しています。新規事業であるディープラーニング関連サービスを担当しており、事業戦略の立案、予算管理、サービス企画、マーケティング戦略、営業戦略、カスタマーサポートからのエスカレーション対応、障害対応など、業務は多岐に渡ります。
ソニーネットワークコミュニケーションズ(以下:SNC)が、クラウドサービスとして提供しているのは、ディープラーニングを利用したAI開発ツールである「Neural Network Console」(2017年にクラウドサービス化)。これはプログラミングができない人もAIを構築することができるという躍進的なサービスであり、AI人材が不足していると言われる現代日本において、分野に関係なくAIの開発に携わる人々を生み出すという可能性を秘めたツールです。

インタビュー

インタビュー インタビュー

AIに対するネガティブな印象を変え、
日本にAIを浸透させていく

Neural Network Consoleは、もともとはソニーグループの社内でAI開発を効率化するために開発されたツールで、「aibo」の画像認識や、センサーデータをもとに認識を行い、ヘッドホンのノイズキャンセル機能を自動制御するAIの開発などに使われています。

お客様から伺っているユースケースの中で一例を挙げますと、工場設備の通常時・異常時の微妙な振動の違いから故障を予測したり、画像認識の技術を用いて製造物の品質チェックをしたりできるAIの開発等が挙げられます。これらは人の手によって行われてきた作業ですが、どうしても作業の精度にばらつきが出てしまいます。それの精度を一定にでき、スピードも格段に上げられることから、製造業のお客様などを中心にNeural Network Consoleを導入いただける機会が増えています。

今までAIの開発というと非常に難易度が高く、ごく限られた人しかできないものという印象だったと思うのですが、このツールを利用すればプログラミングやディープラーニングで用いられる数式の勉強は不要であり、オブジェクトを並べていくようなイメージで開発していくことが可能です。そのためお客様は、医療関係者、ITエンジニア、学生などこれまで機械学習の分野に携わらなかった人々を多く含みます。

高度な技術が日常生活の中にも溢れているため、一見してAIの発展は順調に見えますが、日本でのAIに対するイメージは決して良いものとは言えません。海外では「人が嫌がる仕事を代わりにやってくれるもの」というポジティブな考え方が一般的であるのに対し、日本では「人の仕事を奪うもの」というネガティブな考え方が根強く、AIの人材育成等も海外に比べて遅れているという調査結果があります。こういった状況でAIを浸透させていく難しさはあると思います。ただ、難しいからこそ面白さも感じられる部分も多いので、やりがいは大きいです。

インタビュー インタビュー

開発から販売、サポートまでが一社で完結
このビジネスの幅がチャンスに繋がる

SNCは開発から販売、サービスの運用やカスタマーサポートまで、すべての機能を一社で持っており、こうした特徴をもった会社はソニーグループの中ではあまり多くない印象です。もともとISP(インターネットサービスプロバイダ)事業を中心に事業を拡大してきましたので、プロバイダ会員拡大のための営業機能や、会員になった後に運用をしていくカスタマーサポートまで持つ必要があったためですが、ビジネス全体を一社で完成させているため、業務の幅が広いところが特徴的だと言えます。

普段からお客様と接する機会の多いカスタマーサポート以外の社員にも、お客様の声が共有される環境となっております。このようにして情報や意志を共有するからこそ、お客様の視点をより徹底することができているのだと思います。

また、これはソニー全体に言えることですが、大変フラットな体質です。若くても裁量を与えられ、意見を言いやすい。正当性があれば、どんな発言も重視されます。若いうちから多くのチャンスが与えられるので、積極性と柔軟性を持って取り組んでいけば、面白さを感じられる会社です。

もともと私は、ネットワークエンジニアとして業務を行っており、現在の部署へは「新しい市場を切り開く事業に携わりたい」という希望が叶っての異動でしたが、最初はやはり大変でした。現在の部署は完全なる新規事業かつAIという新しい領域での挑戦となりますので、社内の別部署はもとより、グループ内の別会社など、様々な部署と一緒に業務を遂行します。そのため、特にコミュニケ―ションについては常に柔軟さが求められ、そのコミュニケーションから新たに学ぶことが多い毎日です。

インタビュー インタビュー

「閉じた世界」ではなく、「開いた世界」でこそ技術は育つ

もともとこのAI技術自体がソニーの長年に渡る「成果」と言えるものであり、社内利用のみの閉じた世界で活用するという選択肢もあったかと思いますが、ソニーは社外向けにこの技術を公開しました。社会貢献したいという想いが強いからこその動きであり、私もそれに同調したいですね。「閉じた世界」ではなく、「開いた世界」でこそ技術は育つと考えています。ツールを公開することによってさまざまなユースケースを考えてもらい、その結果さまざまなAI技術が活躍を見せれば、より良い社会が実現するのではないでしょうか。

それから、「開発したAIをさまざまな人に使ってもらえる基盤をつくりたい」という想いもあります。Neural Network Consoleを利用して開発したAIをクラウドで自由に公開できる場ですね。開発する側のモチベーションも生まれますし、使う側としても、IT ベンダーが既存の概念で開発したものしか使えないのではなく、「誰かが自由な発想でつくったものを選んで使える」といった仕組みです。規模や立場に関係なく、洗練された技術を生み出すことができ、活用される世界。そういったものを目指せたらと思っています。

一問一答

  • SNCはどんな会社ですか?
    お客様との距離感が近く、常にVOCを拾い改善につなげる姿勢がある会社だと思います。
  • SNCの強み(いいところ)はなんですか?
    前述したようにお客様の声を重要視しますので、サービスが常にブラッシュアップされ競合優位性を持つことができる環境だと思います。
  • SNCの社員にはどんな人が多く、社風はどんな感じですか?
    ソニーグループの中でも特に若手が多い印象です。また立場に関係なく、誰にでも意見を率直に言えるフラットな社風だと感じています。
  • この会社を一言で表現するなら?
    良い意味でソニーの中ではちょっと変わった会社
  • SNCを選んだきっかけはなんですか?
    IT関連のビジネスにお客様の近くの立場で携わりたいと思ったからです。また世の中を変えていく力があるソニーという会社は私の中で子供の頃から憧れの会社でした。
  • 学生時代は何を学んでいましたか?
    経済学を専攻していました。
  • 就職前にはインターンシップに参加しましたか
    参加していません。
  • 担当している業務の魅力とは?
    今まさに世界を変えていく中心の技術といえるAI、DeepLearningに携わることができている、ソニーグループの中でもAI分野で中心的な役割をもつ技術者と共に仕事ができていることです。
  • 日常業務において心がけていること(大切にしていること)は?
    新規事業の立ち上げ時期のため業務量が多くなることがありますが、常にお客様の視点、社内関係者にもなるべく丁寧な対応を心掛けるようにしています。
  • 仕事で苦労したことは?どのように乗り越えましたか?
    まだまだAIは新しい市場のため、市場開拓に奔走中です。まずは知ってもらう、使ってもらうための施策に注力しています。
  • トラブルに遭遇したときはどう対処しますか?
    トラブル時は焦りがちですが、一旦冷静にリスクを分析しなるべく迅速に対応を検討します。
  • 今までで成長につながった経験は?
    お客様と相対することが多い立場で仕事をしてきましたが、その中で様々なお客様の視点を身に付けてきました。また、近年はプロジェクトマネージメント能力も鍛えられています。
  • 今後挑戦したいことはなんですか?
    当面はAI関連の事業に関わっていきたいと考えています。
  • 新入社員に望むスキルは?
    柔軟にどんな業務にでも積極的に取り組む、学ぶ姿勢。
  • どんな能力や経験のある人が入社できますか?
    論理的思考ができ、新しいことに取り組む意欲のある方。
  • 福利厚生面はどんな感じですか?
    テレワークや育休などが推奨されていると思います。また社内イベント(社食を会場にした懇親会など)が多くある印象があります。
  • 仕事のストレス解消法はなんですか?
    子供と触れ合う事と、サーフィン、ランニング、釣りなどをすることです。あとお酒は大好きです(笑)
  • 休日は何をしていますか?趣味などがあれば教えてください
    同上。最近海の近くに引っ越したので子育てで遠ざかっていたサーフィン、釣りの頻度を上げていくことを目指しています。

応募者へのメッセージ

SNCでは、サービスのブラッシュアップを行う際に必ずお客様の声を反映します。それにより、お客様のニーズを着実にかたちにできることが、実感できます。また、自分が手掛けたサービスがお客様から評価をいただくことも多く、それが仕事のやりがいに繋がっています。ソニーグループには、この国を牽引するだけの技術力やアセットが揃っていると思いますし、その中でAIに携わることで社会的にも貢献ができると考えています。これから「市場を作っていかなければならない」という新たな挑戦を通して成長したい人に、ぜひご応募していただきたいですね。

高橋 伸一郎さんの1日

  • 9:30 9:30
    出社
    朝は余裕のある時間を作るために敢えてグリーン車に乗る事が多く朝一のメールチェックなどは通勤時間に済ませる。暖かくなったら朝一でサーフィンしてからの出社を夢見ています。
  • 10:00 10:00
    プロジェクトメンバーとの定例ミーティング
    開発進捗の確認、MK/営業状況の確認、その他課題についての協議などを行う。
  • 12:00 12:00
    昼食
    ソニー本社食堂では焼きたてナンが付いたカレーやタイ料理など選択肢が多いので飽きません。
    昼食
  • 13:00 13:00
    運用ミーティング
    CSに入った問合せの確認、対応の協議などを行う。要望に関してはサービス改善に繋げていく。
  • 14:00 14:00
    お客様やパートナーとのミーティング
    お客様との意見交換、ビジネスパートナーやコンサルとの戦略ミーティングなどを行う。地方のお客様とのミーティングも多く、Web会議で対応。
  • 16:00 16:00
    企画書作成、事業レポート作成など
    次期バージョンアップで追加する機能やメニューなどを取り纏め企画書にまとめる。また事業の状況は常に変動しているため、定期的にレポートをまとめる。※《多様性を活かした成長の場PORT》にて撮影
    企画書作成、事業レポート作成など
  • 21:00 21:00
    退社

他のサービス企画・設計の社員

他の職種の社員