サービス企画・設計 KAZUHA YAMAMOTO 山本 一葉 サービス企画・設計 KAZUHA YAMAMOTO 山本 一葉

社員の1日を見る

担当業務のご紹介
(職種紹介)

IoT事業部スマートホームサービス部サービス設計課で、スマートホームサービス「MANOMA」の企画を担当しています。近年はライフスタイルが多様化していることもあり、お客様の様々なニーズに応えて生活を安心、便利で豊かにしていただくための製品を企画。ソニーが独自に開発したAIホームゲートウェイや室内コミュニケーションカメラ、スマートロック「Qrio Lock」、スマート家電リモコンなどのIoT機器と、スマートフォンアプリを連動させることで、快適な生活を演出するソニーのホームAI「MANOMA」を提供しています。
特に力を注いでいるのは、お客様のライフスタイルをより良いものとするために、日常生活の課題を分析する業務です。マーケティング会社と連携したり、お客様アンケートを実施したり、身近な人にヒアリングしたりと、リアルな声を集めるための努力は惜しみません。導入いただいたお客様に製品を活用していただくためのキャンペーン企画や、改善のためのバージョンアップ企画まで取り組みます。使いやすいマニュアルやサポート動画、サポートのための企画も行い、魅力的な製品開発のために様々な角度からアプローチしています。

インタビュー

インタビュー インタビュー

次なる事業の柱として期待されるIoT
人々の生活をより豊かに、快適に。

前職はカラオケ機器メーカーで新規事業立ち上げに携わっていました。介護施設でロボットを活用したレクリエーションを企画。その経験を活かしながら、より幅広い層のお客様にサービスをお届けしたいと思い、SNCの新規事業であるIoT事業部に転職しました。SNCはNURO光はじめとした通信事業を柱としていますが、IoT事業は次の柱として期待されており、その中でもスマートホームは注力領域の中の一つとなっております。より多くの人々に使っていただき、スマートホーム市場の確立を目指すというのが部署に与えられたミッションです。

IoTは、私たちの生活をより便利にするテクノロジーです。機器とインターネットをつなぐことで、今まで知ることのできなかった住宅内の状態や行動履歴などの情報を収集することが可能になります。「何時に帰宅して、何時にごはんを作って…」といったライフスタイルの傾向を分析し、行動を推測することで、日常的に行うルーティーン作業がMANOMAを通じて自動化され、さらには家庭ごとに最適化されていくのです。能動的ではなく、受動的に快適な体験をしていただくためにも、設定や操作を簡易化してどんな方でも使いやすい製品の開発を目指しています。

インタビュー インタビュー

進化を続けるIoTの技術
最先端の情報を学べる環境も充実

これまでの経験において特に嬉しかったのは、スマートホームサービスの立ち上げに関われたことです。ゼロからお客様を獲得し、反響を肌で感じるという貴重な経験をさせていただきました。

新規事業はやってみなければ分からない部分が多々あります。絶対的な正解はありませんが、関係者で議論をつめて予測の精度を高め、スピード感を持ってチャレンジしていくというプロセスに大きなやりがいを感じましたね。

IoT技術は日進月歩で進化しています。日々Web上で情報収集するのはもちろんのこと、部署内での情報共有にも力を入れています。例えば、部署の代表者が技術展示会に参加して、その内容をレポートするという取り組み。時にはアメリカで開催される世界最大のハイテクノロジー展示会「CES」やバルセロナのモバイル関連見本市「MWC」に足を運ぶこともあります。ソニーグループの技術展示会も開催されているため、そこで得た情報や人脈を元にグループ企業同士でシナジーを生み出せるのもSNCの強みだと思います。

インタビュー インタビュー

お客様の声がモチベーションに
多くの家庭でスマートホームが活用される世界を目指して

現状、スマートホームを導入している家庭は限られています。スマートホームがない生活でも生きてはいけますが、価値を感じていただくことで導入ハードルを飛び越えられるものだと信じています。そのためにも、多くのお客様に使っていただける機能やUIをさらに高めていく必要があると感じています。

お客様の反応をいただく時は、やはり大きなやりがいを感じますね。「MANOMAがあれば精神的・時間的に余裕が生まれ職場復帰できると思い契約しました」「離れて暮らす親が心配でしたが、室内コミュニケーションカメラを導入して安心できました」といったように、お客様の日常のストレスを軽減できているというお声をいただいています。自分自身が関わるサービスで誰かの人生に影響を与えられるということを、日々実感しています。

メンバーで強みを発揮しあいながらアイディアをブラッシュアップさせて、より多くの家庭でスマートホームが活用される世界を実現するために。今後はマーケティング力を磨いて、説得力のある企画を検討できる人材に成長したいです。

一問一答

  • SNCはどんな会社ですか?
    年齢に関係なく手を上げれば仕事を任せてもらえる会社だと思います。
  • SNCの強み(いいところ)はなんですか?
    通信サービスだけでなく新規事業にも積極的に挑戦しているところ。
  • SNCの社員にはどんな人が多く、社風はどんな感じですか?
    自分の軸をしっかり持っている方が多く、業務内の議論でも様々な視点で意見が飛び交います。
  • この会社を一言で表現するなら?
    守りながら攻める会社。
  • SNCを選んだきっかけはなんですか?
    新規事業の立ち上げから携われるため幅広い経験ができる点や、グループ内の様々な事業と関わる機会を持てる点に魅力を感じました。
  • 学生時代は何を学んでいましたか?
    造形意匠の領域でデザインを学んでいました。
  • 就職前にはインターンシップに参加しましたか
    参加していました。企業のことをより深く知るきっかけになり、就活仲間も出来たので良い経験になりました。
  • 担当している業務の魅力とは?
    自分自身のアイディアが形になりお客様に届けられ、役に立って喜ばれるなど反響を知れるところです。
  • 日常業務において心がけていること(大切にしていること)は?
    仕事で関わる相手の立場を考えた行動やコミュニケーションを心がけています。
  • 仕事で苦労したことは?どのように乗り越えましたか?
    前職と業界が違うため、知識や経験の無い中でのサービス立ち上げに苦労しましたが、分からないことは素直に先輩方へ聞いたり自分自身で積極的に調べたりしながら、できることから一生懸命取り組みました。
  • トラブルに遭遇したときはどう対処しますか?
    1人で抱え込まず上司や同僚へ相談し、問題の原因を解決してトラブルを迅速に収束させられるよう努めます。
  • 今までで成長につながった経験は?
    苦手意識を持たず、どんどん新しい業務にチャレンジすることです。例え失敗したとしても、自分でやった経験を積むことが大事だと思います。
  • 今後挑戦したいことはなんですか?
    身近な人の生活にもスマートホームが溶け込み、多くの人の生活に役立つサービスに成長させること。
  • 新入社員に望むスキルは?
    主体的に行動し、周りを巻き込んで仕事を進めていける力。
  • どんな能力や経験のある人が入社できますか?
    学生時代に特別なスキルを身につけていなくとも、全力で何かに打ち込んだ経験とやる気があれば良いと思います。
  • 福利厚生面はどんな感じですか?
    両立支援制度など様々なライフステージに合わせた働きやすい環境が整っていると思います。
  • 仕事のストレス解消法はなんですか?
    美味しいものを食べながら友達や家族と楽しい時間を過ごすこと、ジムなどで思いっきり体を動かして汗を流すこと。
  • 休日は何をしていますか?趣味などがあれば教えてください
    友達や家族と遊びに出掛けることが多いです。趣味は、音楽フェスや旅行に行ったり、映画を観たりすることです。

応募者へのメッセージ

IoTは人の生活に密着した事業です。独りよがりにならず、お客様のニーズに常に耳を傾けることが重要になります。学生時代はたくさんの経験を積み、様々な人との出会いを大切にしてください。それが人の心理を理解することにつながりますし、自分自身が何にモチベーションややりがいを感じるかを発見することもできると思います。ワクワクと心が動くことであれば、しんどい時にも乗り越えられるはず。プライベートも仕事も充実させられるSNCで、一緒に新たなビジネスを創出しましょう!

山本 一葉さんの1日

  • 9:30 9:30
    出社、メールチェック
    社内外から来ているメールを確認し、対応が必要なもののみチェックを入れて順番に対応していく。その後、スケジュールに合わせて今日やるべきタスクを整理する。
  • 10:00 10:00
    資料作成、調査
    企画書やミーティングに必要な説明資料などを作成します。また、サービスの利用状況やお客様の反応などを確認・分析したり、必要な情報をインターネットなどで収集したりします。
  • 12:00 12:00
    ランチ
    社食で食べたり、時には近辺の飲食店へ食べに出掛けたりすることも。近くのピザ屋さんが絶品でお気に入り。
  • 13:00 13:00
    社内ミーティング
    各自のアイディアを持ちより、今後のサービス展開に向けての議論を行う。
    社内ミーティング
  • 14:30 14:30
    資料作成
    ミーティングのフィードバックを経て企画書をブラッシュアップしたり、引き続きその他の必要な資料を作成したりする。
  • 15:30 15:30
    休憩
    集中力が切れる頃、糖分を摂取しリフレッシュ。
  • 16:00 16:00
    社内ミーティング
    新規・既存のお客様に向けた施策の実施に向けて、関連部署との調整を行う。
  • 18:00 18:00
    お客様への提供資材企画、発注
    キャンペーンの告知ページやマニュアルなどのサポート関連ツールなどお客様に提供するクリエイティブの企画を行い、制作依頼書を作成して発注する。
    お客様への提供資材企画、発注
  • 19:00 19:00
    事務作業
    メールの返信や請求書の処理、明日以降の資料準備など、一日のタスクでやり残すことが無いよう集中して取り組む。
  • 20:00 20:00
    退社

他のサービス企画・設計の社員

他の職種の社員