サービス企画・設計 KANNO NAOTO 菅野 直人 サービス企画・設計 KANNO NAOTO 菅野 直人

社員の1日を見る

担当業務のご紹介
(職種紹介)

私たちISP事業部サービス1部ネットワークサービス1課では、ISP(インターネットサービスプロバイダー)サービスの企画から設計、運営を担っております。具体的なサービスとしては、KDDI様のauひかり、中部テレコミュニケーション様のコミュファ光、UQコミュニケーションズ様のWiMAXなどを担当しています。ミッションは「サービスの営業利益を最大化」。サービスの充実やお客様の利用維持に繋がるように、お客様と取引先様との間で様々な施策を立案し、実行しています。例えば、KDDI様の場合、auスマートバリューというサービスの申込受付を当社でも対応できるようにするなど、取引先様のメリットにもなるよう常にサービスの改善を考えています。利用者の拡大やコストの削減などにより、サービスがきちんと利益を生み出すように整えていくことが、この仕事のもっとも大切なところです。
私は新卒として入社し、接続サービスの企画からマーケティングを経て、現在は課の統括を担っています。

インタビュー

インタビュー インタビュー

すべての業務に通じる、
「利益の最大化のためになにができるのか」を意識する

日々の業務で大切にしていることは、この業務を何のためにやっているのか、常に意識することです。たとえば、Excelで集計するような作業的な業務も当然出てきます。そうしたときに、「これによってサービスの現状や課題が把握できる」「それによって浮かび上がった課題を解決して、収益化につなげる」といったような流れをしっかりと把握することが大切になるわけです。その作業一つひとつが最終的にどういう結果に結びついているのかという点は、常に意識するように心がけていますね。

SNCでは、私のいるISP事業部のほか、NUROやIoTの事業部もあります。NUROやIoTは事業の立上期のため、どうしても初期投資がかかります。ISP事業部は長年So-netブランドとして扱っている実績や経験がありますので、利益を出すことを大切に考えていかなければならないと思っています。ISP事業部で利益を最大化すれば、NUROやIoT事業の後押しにもつながりますから。そのためにも、お客様に満足いただけるサービスを提供して、利益の最大化に努めることが大切だと考えています。

SNCには「つながるから未来を創る」というミッションがありますが、ネットワークにまつわるさまざまな事業を行っています。ISP、NURO、IoTと、ネットワークという点では共通しますが、その内容は多岐にわたります。また、安定した事業と最先端の事業のそれぞれを扱っているのもSNCの特徴です。ネットワークという中で選択肢の幅があるので、社内での異動で、自分自身の関心に近い分野に携わることも可能です。こういった点はSNCの魅力の1つとも言えるかもしれません。

インタビュー インタビュー

社内外のステークホルダーと連携しながら、
利益の最大化を目指す

サービスを作った後に、きちんと利益を生み出せる形に落とし込むことが、この仕事の一番のミッションだと考えています。具体的には、利用者を増やすために様々な施策を考案したり、コスト削減を図ることもしたりします。それらを通して、サービスの利益最大化を目指します。

サービス企画・設計という業務の内容もあって、さまざまなチームと連携しながら仕事をするのがこの業務の特徴です。サービスを企画・設計する際に、偏ったサービスにならないよう、営業やマーケティングの部署に相談します。また、お客様からの対応にはカスタマーコミュニケーション部門と連携して対応します。実際にサービスを作る際にはシステムをつくるので、技術の部署と連携するなど、社内の各所と密にやり取りしながら仕事を作り上げていくイメージですね。

業務上の課題に対しては、前例があればそれを踏襲しますが、必ずしも前例があるとは限らないので、困ったことがある時には関連する部署やその道のプロにまず聞いてみるようにしています。日常的に別の部署と関わりますし、社内に有識者が多いこともあって、こういった相談は日常的にしやすい環境が整っていると思いますね。

インタビュー インタビュー

主体的に取り組むことで活躍できる環境だから、
若手でも多くのチャンスに恵まれている

私自身は新卒でSNCに入社し、現在13年目になります。昨年の夏から課長職に就任し、いまは「課長1年生」として新たな気持ちで日々精進しています。もともとSNCに入った動機は、ソニーの「ライフスタイルを変える」姿勢が好きだったことと、インターネットの普及によって自分自身の生活が大きく変化したことだったので、この2つに関われる仕事をするために入社しました。

現在は課長職として、課内の企画、設計、運営それぞれのチームの仕事が順当に進んでいるか管理しています。働いている課自体で私自身が最年少でありながら、こういった役割を担えるというのも、SNCの年齢や役職にとらわれない社風によるものかと思います。

実際、年齢が若いからと言って業務に支障がでることもなく、フラットに仕事をさせてもらっています。他のメンバーにも仕事のゴールや未来の情報を伝えることで、ポジティブに考えてもらえるように努めていますね。

私自身、新卒の若いうちから活躍したいという気持ちが強かったので、実際にさまざまな経験をさせてもらいました。そういったこともあり、今後個人的には、若手がより積極性を発揮できる土壌を整えて、主体性や積極性のある若手がより活躍できる職場になるようにしていきたいと考えています。

一問一答

  • SNCはどんな会社ですか?
    年齢や経歴に関係なく、周りを巻き込んで、やりたいことにチャレンジできる会社です。
  • SNCの強み(いいところ)はなんですか?
    通信事業(ISP、NUROなど)、IoT事業、新規事業など、「つながる」という軸で幅広く事業を展開している点が強みです。
  • SNCの社員にはどんな人が多く、社風はどんな感じですか?
    自分なりの軸やこだわりがしっかりしている人が多いです。社風は「自由」で、やるべきことをやっていれば休暇も取りやすいです。
  • この会社を一言で表現するなら?
    「営利目的のサークル」のような会社です。私服の人も多く、いい意味で会社っぽくないところが特徴です。
  • SNCを選んだきっかけはなんですか?
    インターネットが好きなこと、ソニーの商品やサービスが好きなことがきっかけです。
  • 学生時代は何を学んでいましたか?
    商学部でマーケティングを専攻していました。
  • 就職前にはインターンシップに参加しましたか
    ワンデーインターンシップなど、主に1週間以内の短期のプログラムに多数参加しました。
  • 担当している業務の魅力とは?
    新しいサービスを創る時は準備がいろいろありますが、お客様にご利用いただけるようになった時の達成感は、サービス企画職の大きな魅力の1つです。
  • 日常業務において心がけていること(大切にしていること)は?
    普段取り組んでいる仕事が最終的にどのような成果(会社の利益、サービスの品質、お客様の満足など)につながるか、を常に意識するようにしています。
  • 仕事で苦労したことは?どのように乗り越えましたか?
    「本当にこんなことできるのか…」と壁にぶち当たったことは何回もありましたが、社内の有識者に相談して新しい解決策を見つけることで乗り越えてきました。
  • トラブルに遭遇したときはどう対処しますか?
    トラブルの解決を最優先するとともに、なぜそのトラブルが起きたのか、根本的な原因を把握して再発防止に努めるようにしています。
  • 今までで成長につながった経験は?
    新卒4年目に企画からマーケティングの部署に異動したとき、それまでの経験を活かしつつ新しい仕事を経験できて、仕事の幅はもちろん、自分の視野も広がりました。
  • 今後挑戦したいことはなんですか?
    マネジメントとして、個人としてだけではなく組織としても成果を出せるよう、意識して仕事に取り組んでいこうと思います。
  • 新入社員に望むスキルは?
    常に「お客様視点」を忘れないことです。
  • どんな能力や経験のある人が入社できますか?
    能力や経験というよりは、いろいろなことに興味を持ち、主体的に周りを巻き込んで動ける人を求めています。
  • 福利厚生面はどんな感じですか?
    映画館やスポーツジムの割引があるので、よく使っています。
  • 仕事のストレス解消法はなんですか?
    スポーツジム、日帰り温泉、読書、映画、外食などです。
  • 休日は何をしていますか?趣味などがあれば教えてください
    旅行が趣味で、年10回前後は行っています。他には、友達と一緒にサバイバルゲーム・ボードゲーム・謎解きをしたりしています。

応募者へのメッセージ

若手だからといって引け目に感じず、周囲を巻き込んで、どんどんやりたいことにチャレンジできる環境だと思っています。私自身も新卒2年目にオプションのサービス企画を担当し、新サービスをゼロから立ち上げる経験をしたことがあります。新卒1〜2年目からでも活躍できるというのは、SNCならではの特徴ではないでしょうか。若手のうちから、自分のやりたいことや、インターネットを活用したこういうことがしたいという具体的な目的意識がある方であれば、かなり働きがいのある会社だと思います。

菅野 直人さんの1日

  • 9:00 9:00
    出社
    まだ人が少ない8時過ぎに出社して、メールの確認・返信、各種申請の承認、1日の作業・予定の確認。
  • 9:30 9:30
    資料作成
    集中できる午前を中心に、企画書や実績数値などの資料を作成。部下や他部署の人が作った資料の確認も行う。無駄な資料は作らないよう、資料の目的を常に意識。
    資料作成
  • 12:00 12:00
    昼休み
    普段は社食を利用。その後は午後の業務に備えて、あえてぼーっとしています。
  • 13:00 13:00
    課内定例会議
    連絡事項や各チームの案件の進捗状況の共有を行う。案件の準備状況はどうか、課題はないか、などを確認。
  • 14:30 14:30
    事務作業
    会議と会議の間を使って、出社後同様にメールの確認・返信や各種申請の承認を行う。また、周りの人と雑談したり、聞いておきたいことを確認したりする。
  • 15:00 15:00
    取引先定例会議
    営業やマーケティングの部署も含めた会議で、実績や課題を把握する。それぞれの視点で会話をすることで、新しい発見があることも多い。
    取引先定例会議
  • 17:00 17:00
    案件進捗整理
    1日のメール・会議・会話などから、それぞれの案件がどのような状況か、整理する。人も時間も有限なので、優先順位を付けて案件を「諦める」「保留する」ことも大切。
  • 18:00 18:00
    退社
    早めに出社するため、早めに退社。退社後は、本屋に行ったりスポーツジムに行ったりしています。

他のサービス企画・設計の社員

他の職種の社員