【新型コロナウイルスSOS基金】助成団体よりお礼のメッセージ

突然のコロナウイルス蔓延から1年以上が過ぎましたが、わたしたちは未だこのウイルスとの長い戦いの途中にいます。

ソニーネットワークコミュニケーションズは、2021年1月に2回目の緊急事態宣言が発令されたことを受け、クラウドファンディングサイト・READYFORの「新型コロナウイルス感染症:いのちとこころを守るSOS基金」に賛同し、2021年2月1日~3月26日にわたって本基金への支援を実施しました。

多くの会員の皆さまにご賛同いただき、「ソネットポイント募金」を通じて1,335,187円の募金が寄せられました。
たくさんのご寄付・ご支援、誠にありがとうございます。
皆さまからの募金は、弊社から拠出する1,000,000円のマッチングギフトとあわせて速やかに寄付いたしました。

READYFORを通じて、本基金の助成先となる団体よりお礼のコメントが届いておりますので、ご紹介いたします。

 

「新型コロナウイルス感染症:いのちとこころを守るSOS基金」は、新型コロナウイルス感染症の影響の長期化により、負担を抱える人々への社会的支援に取り組む各団体・事業者・医療機関などに対して、活動費用を助成する基金です。

 

本基金では、資金を必要とする団体に適切に助成を届けるべく、団体からの公募を受け付け、専門家への諮問を行いながら審査を行い、助成先が決定されました。

あらためて、ご支援いただきました会員の皆さまに、厚く御礼申し上げます。

 

■【新型コロナウイルス感染症:いのちとこころを守るSOS基金】についての詳細はREADYFORのウェブサイトを御覧ください。

助成採択結果について

 

ソネットポイント募金とは
毎月の通信料金やコンテンツの利用に応じて貯まる「ソネットポイント」を利用し、災害支援や社会貢献活動等に対しポイントによる募金ができる仕組み。

公式 SNS

ページの先頭