2017年

2017年10月2日
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

「nuroモバイル」、端末代金の初回支払月を6か月後に設定できるなど分割払いを拡充
ユニバーサルサービス料がかからない020番号データ専用SIMの提供も開始へ
http://mobile.nuro.jp/

 

 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、LTE通信サービス「nuroモバイル」における端末代金の分割クレジットとして、従来の24回払いに加えて3~20回に対応するとともに、初回支払月を最大6か月後に設定することができる「スキップ払い」を10月3日より導入します。国内のMVNO事業者として「スキップ払い」を提供するのは初めてとなります(*1)。

 また、データ専用SIMにおいて、020番号で始まるM2M等専用番号での発行を10月下旬より開始します。新たに020番号帯で発行されたデータ専用SIMについては、ユニバーサルサービスの負担金(以下、ユニバーサルサービス料)なしで利用可能となります。



■端末代金の分割払いの拡充

 端末代金の分割クレジットは株式会社ジャックスと提携して提供する、口座引き落としによる支払方法です(*2)。端末の購入時に画面上で月々の支払額を確認することができます。

 今回の端末代金の分割クレジット拡充により、お客さまのご都合に合わせて、下記の支払い方法を選択することが可能となります(下線部が今回追加された支払い方法)。

 

・口座引き落としによる分割払い

-3回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回

-スキップ払い: 支払開始月を最大6か月後に設定可能

・クレジットカード(一括・分割)

・電子マネー(楽天Edy、nanaco、WAON、交通系ICカード)

・デビットカード

・現金(代金引換)

スキップ払い

■データ専用SIMの020番号対応

 現在、「nuroモバイル」では090/080/070番号で始まるSIMを発行していますが、10月下旬よりデータ専用SIMにおいて、020番号帯での発行を開始します。
 020番号帯でのデータ専用SIM発行は、電気通信番号規則等の一部を改正する省令(平成28年総務省令第94号)等の制定に基づき創設されたM2M等専用番号(020)(*3)に対応したものとなります。「nuroモバイル」では、M2M等専用番号(020)の対象とするサービスの範囲としてパケット通信のみのMVNOユーザー向けサービスが含まれることを確認し、今回の対応に至りました。
 10月下旬以降、新規契約時に発行される「nuroモバイル」(「0 SIM」「MILEAGE SIM」を含む)のデータ専用SIMはすべて020番号帯で発行され、ユニバーサルサービス料不要で利用することができるようになります。(*4)(*5)
 なお、020番号帯の利用開始までに発行された090/080/070で始まるデータ専用SIMは継続して利用可能ですが、ユニバーサルサービス料も引き続き必要となります。

ユニバーサルサービス料

 今回の020番号帯におけるデータ専用SIMについては、当社がMVNE事業者としてMVNO事業を支援するパートナー企業への提供も予定しています。MVNO事業者においても、020番号のデータ専用SIMユーザーに対して、ユニバーサルサービス料を請求する必要がなくなります。

 

 「nuroモバイル」は、今後もお客さまのライフスタイルに適したモバイルサービスの提供を目指してまいります。

 

(*1) 2017年10月2日時点、当社調べ。
(*2) 別途、株式会社ジャックスによる審査と分割手数料が必要です。
(*3) 総務省報道資料「M2M等専用番号の創設」
    http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban06_02000056.html
(*4) 現在、090/080/070番号のデータ専用SIMを使用しているお客さまは、引き続き従来の番号を利用可能です。ただし、総務省令に基づき、引き続きユニバーサルサービス料(10月2日現在、1番号当たり3円)が請求されます。また、現在、090/080/070番号のデータ専用SIMを使用しているお客さまがSIM再発行等を申し込んだ場合、同じ番号での発行となります。
(*5) 店頭販売されているSIMパッケージについては、020番号帯対応以前に作成されたデータ専用SIMの場合、090/080/070番号のデータ専用SIMとなり、ユニバーサルサービス料が必要となります。

 

※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

※記載の金額はすべて税抜金額です。別途消費税がかかります。

以上

公式 SNS

ページの先頭