2017年

2017年5月30日
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

「マネージドクラウド」、クラウドへ安全に接続する
「モバイル閉域アクセス」を本年6月末に提供開始
~「AWS Summit Tokyo 2017」にて先行出展~
http://www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/

 

 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、法人向けサービス事業で展開するマルチクラウドサービス「マネージドクラウド」(*1)において、新オプションサービスとして「モバイル閉域アクセス」の提供を、本年6月末に予定しています。

 

 近年、社内サーバーのクラウド化やIoT(モノのインターネット)の普及により、モバイル回線サービスのニーズが高まっています。一方でVPNセッションが確立するまでのセキュリティリスク、機密性の高いデータの取り扱いなどから、モバイル回線の導入にはこれまで以上に高いセキュリティ、運用管理および利用コストなどが課題になっています。

 「モバイル閉域アクセス」では、インターネットから隔離された完全閉域網のモバイル回線を低価格、且つ高い運用管理性を実現する「マネージドクラウド」の運用管理ツール“クラウドポータル”とワンストップで提供します。

 

 本サービスのリリースに先立ち、本年5月31日から6月2日まで、グランドプリンスホテル新高輪で開催される「AWS Summit Tokyo 2017」に出展します。

新オプションサービス「モバイル閉域アクセス」 概要

 

■サービスの特徴

 ・AWSなどのクラウド基盤へのリモートアクセスが完全閉域で安全に接続

 ・利用用途に合わせた回線帯域プランを用意し、低価格なプランから選択可能

 ・SIM管理は「マネージドクラウド」の運用管理ツール“クラウドポータル”で実現

 

 

■サービス概要図

「モバイル閉域アクセス」サービス概要図

■利用イメージ

・外出先からクラウドの業務サーバーへ完全閉域アクセス

インターネットを経由してVPNセッションを確立させる必要がなく、端末から直接完全閉域でクラウド上の業務サーバーへアクセス可能。ノートPCやスマートデバイスでのテレワークを安全に実現します。

 

・IoTデバイスのクラウド基盤への閉域ネットワーク

大量のIoTデバイスのモバイル回線の運用管理を、クラウドの運用・自動化ツール”クラウドポータル”でワンストップ運用することで、IoT事業基盤の運用負荷が軽減。また低価格なモバイル回線プランに加え、クラウドゲートウェイ(クラウド接続用専用線)を組み合わせることで更なるネットワークコストの削減も可能です。

 

 

■運用管理ツール“クラウドポータル”画面イメージ

「クラウドポータル」画面イメージ

■提供予定プラン(一部抜粋)

・リモートアクセス用プラン

  月額500円~ (速度下り375Mbps/上り50Mbps、時間規制100MB/3日、別途通信量のチャージ可)

・IoT用プラン

  月額350円  (速度下り200kbps/上り200kbps、月額固定料金)

 

※上記は「モバイル閉域アクセス」のオプション利用料金のみの金額です。

 

本サービスに関する問い合わせ先:

<bit-driveインフォメーションセンター>

TEL:0120-614-006 (携帯電話・PHSからでもOK)

受付時間: 9:00~18:00 (土日・祝日・夏季休暇・年末年始を除く)

問い合わせフォーム:https://www.bit-drive.ne.jp/contact/inquiry_mc/input.cfm


<「AWS Summit Tokyo 2017」出展 概要>

 

 「AWS Summit Tokyo 2017」はアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社主催の無料クラウドカンファレンスです。ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社はAWSパートナーとして本カンファレンスのスポンサー展示ブースにて、“Managed Cloud with AWS”を展示し、「モバイル閉域アクセス」など、当社スタッフによるAWS関連ソリューションサービスの説明を行います。

 

・名称:「AWS Summit Tokyo 2017」

・主催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

・期間:2017年5月31日(水)~ 6月2日(金)3日間

・会場:グランドプリンスホテル新高輪

・ホームページ:http://www.awssummit.tokyo/ から事前登録(無料)

 

 ソニーネットワークコミュニケーションズは、今後も法人向け事業においてさらなるソリューションサービスの充実を図ってまいります。

 

(*1)「マネージドクラウド」とは

マルチクラウドをワンポータルで運用する、下記3つを特徴としたクラウドサービスです。

・アマゾン ウェブ サービス(以下AWS)、専有型VMware vSphere等をハイブリッドで提供

・クラウドを簡単に、効率的に活用するための支援ツール“クラウドポータル”を標準装備

・プライベート接続の場合は、リーズナブルな専用線接続サービス“クラウドゲートウェイ”を用意

 

サービスの詳細は公式サイトを参照ください http://www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/

 

 

※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

※Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標]は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

※記載の金額はすべて税抜金額です。別途消費税がかかります。

 

以上

 

公式 SNS

ページの先頭