人事制度 WORKPLACE<

自己申告制度

期初に所属長と設定した目標に対し、年2回(中間・期末)の面談を通してレビューを行う目標管理制度です。『自己申告制度』は、社員一人ひとりがキャリアプラン・職務目標を立て、その実現に努力することにより、効率的な業務運営を行うとともに自己成長を図ることを目的としています。

チューター制度

新規学卒者に対しては、若手先輩社員がマンツーマンで指導を行う『チューター制度』を導入しています。日常業務を通じて、新人の早期戦力化、将来の成長のための基盤形成をサポートすることを目的としており、新入社員時に抱く不安や悩みの解消をお手伝いもします。

キャリアチャレンジ
(社内公募)制度

自らのキャリア意識に基づき、自発的にチャレンジでき、募集部門のニーズにマッチすれば、その仕事に就くことができる制度です。年1回行われ、毎年一定の従業員が本制度を利用して異動しています。
『キャリアチャレンジ制度』とは、
  • チャレンジ精神の醸成
  • キャリアプランを自ら創造する意識の向上
  • 公平な異動機会の提供
の3点を基盤とする企業風土を創ることを目的としています。

教育研修制度

主に以下の研修を用意しており、積極的に人材育成を行っています。
階層別研修
新入社員研修を始め、リーダー研修、マネジメント研修など、それぞれの階層毎に求められるスキルの向上やOJTでは補えない成長支援を目的としています。
選抜型研修
マネジメントチームが選抜した社員に対し、マーケティング、アカウンティング、経営戦略等の実践的な研修を通じて、当社の次の成長ドライバーとなるビジネスを興す『ビジネスプロデューサー』育成支援を目的としています。
選択型研修
プレゼンテーション、会計基礎、ロジカルシンキング、コーチング、プロジェクトマネジメント等、ベーシックなビジネススキル習得の為の各講座を各社員自身の希望による選択式で受講できる仕組みで、各社員の個別ニーズに合わせた成長支援を目的としています。
通信教育
ソニーグループ各社員を対象とした通信教育で、年2回(4月・10月)受講者の応募が行われます。自己啓発の一環として用意され、毎年約500講座以上を準備しています。

処遇制度

成果や貢献に応じたフェアな処遇を推進するため、以下の処遇制度を導入しています。
一時金の個人業績連動
個人の職務目標達成度、職務遂行レベル、職務への取組み姿勢等を総合的に評価し、タイムリーに個人業績を一時金(6月、12月の年2回)に反映支給しています。
期末賞与
会社業績に応じて、年度末に期末賞与を支給する場合があります。