採用情報

募集要項・エントリー

職種紹介

個人に任されている裁量が大きく、それぞれがやりたいこと・やるべきことを自身で考え、その計画のなかで業務に取り組める。 - サービス企画 M.S.さん(2007年4月入社)

Q1.所属している部門の社内での位置づけを教えて下さい。

私が所属している部署では、利用者の多様なニーズに応えるため、インターネット接続サービスの企画・立案を行なっています。

Q2.現在担当している仕事を教えて下さい。

新しい事業の立ち上げを目指したプロジェクトメンバーの一員として、新サービスの企画・立案を担当しています。

Q3.入社しようと思った理由

学生時代にSNSが急速に広まり出したことで、毎日の中でインターネットの大きな可能性を実感するようになり、業界を志望するようなりました。
就職活動を通じて、当社が大きく2つの事業ドメインを持っていること(インフラ系(接続)とコンテンツ系(エンタメ))、ISPとしては珍しいキャラクターサービス・韓国ドラマ・テレビ・モバイル事業と、さまざまなビジネスを展開していることを知り、その多様さに興味を持ちました。そのような中、説明会や面接などで出会った社員の方から聞くことができた自由な社風に好感を持ち、入社を決めました。

Q4.実際入社して苦労した点は?

配属は、接続事業における社内業務の運用フローを設計する部署でした。お客さまにサービスをご利用いただくためにはさまざまな工程・関係部署間の連携が必要で、それは想像以上に複雑なものでした。さらにサービスごとにフロー上も特徴があるので、それらを理解するために毎日必死だったことを覚えています。また、関係部署間の状況から最適なフローを導き出すことや、その調整、必要なシステムの要件出しにも頭を悩ませました。
ただ、フロー設計を行うにあたって関係部署の担当業務への理解を深められたこと、積極的に質問することで自然とコミュニケーションを重ねていけたことは、配属が変わった今でも活きている、とても大切な礎となっているように思います。

Q5.入社して印象に残った仕事は何ですか?

サービス企画に配属されてすぐに担当した、提供中FTTHサービスにおける新コースの立ち上げです。
企画検討、パートナー企業さまとの商談、企画内容のまとめと進めていきましたが、上長に都度相談しアドバイスをしてもらいながら企画承認へ漕ぎ着けたかたちとなりました。
その後は導入に向かって社内外でダイナミズムを持って動き出す第二段階へ。タイトなスケジュールでしたが、関係者間で詳細な詰めを行ない、連携・協力することで計画通りに無事リリースすることができました。リリース日、広報担当と考えて発表したプレスリリースを見たり、新コースを紹介するWebページを見たりすることで、新コースの発売開始を実感。それまでの労力が報われるようなとても充実した気持ちとともに、社内外のたくさんの関係者の協力があってこそだと、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

Q6.ソニーネットワークコミュニケーションズの特徴は何だと思いますか?

働きやすさだと思います。
個人に任されている裁量が大きく、それぞれがやりたいこと・やるべきことを自身で考え、その計画のなかで業務に取り組んでいます。業務内容だけでなく、勤務時間・有給休暇もその計画の中で管理することができます。そうした風土のため、先輩の女性社員の多くが産休や育児休暇を取得しては職場復帰をしています。女性としては安心できる点です。また、こういった環境であることが大きいのかも知れませんが、仕事もプライベートも充実している人が多いような気がします。
また、風通しがよいのも働きやすいポイントです。上述の通り、自己の裁量が問われる分、自分で考えて実行することが求められるわけですが、判断に迷うときもあります。そうしたときは同僚や上長に相談するようにしています。各々の担当を抱えながらも、しっかりと話を聞いてくれ、気づかなかった点を指摘してくれる方ばかりなのでとても心強いです。

Q7.今後やっていきたいことは?

現在のプロジェクトを立ち上げたあと、サービスの発展を目指し、利用者の方に喜んでもらえる新サービスを企画しリリースしたいです。

Q8.応募者へのメッセージ

先述の通り、当社はあらゆる事業領域を持ち、個人の裁量も大きいです。また、どのような案件でもチームとしての取り組みは必須ですので、自己管理を行うだけでなく関係者と連携することが必要です。好奇心旺盛な方、チャレンジ精神を持った方、自律と連携ができる方にご応募いただけたら嬉しいです。
また、サービス企画を志望している方は、ご存知の通り環境の変化が激しいので、この変化にいち早く反応できるように普段から意識をするととても良いと思います。就職活動ではあらゆることに興味をもって、将来やってみたいことをあれこれ思い描き、ご自身の未来を見つめてください。
一緒にお仕事が出来る日を楽しみにしています!

この人の1日のスケジュールを覗いてみる

このページの先頭へ