法人営業 ITO KENJI 伊藤 憲次 法人営業 ITO KENJI 伊藤 憲次

社員の1日を見る

担当業務のご紹介
(職種紹介)

法人顧客をターゲットとしたネットワークやクラウドサービスを中心に、継続的に収益を上げるリカーリング・ビジネスでの利益拡大を業務とした部門に所属しています。部としては注力サービスのクラウドビジネスの拡販や営業力・提案力の底上げ、基盤収入を安定化させるためのマイグレーション(旧サービスをご利用中のお客様に対する新サービスへの移行提案)を業務としています。
その中で私の課は法人新規顧客の獲得やクラウドビジネスのさらなる拡販、新規代理店様の開拓をしており、私はグループのリーダーとして、主に代理店様を中心とした新規顧客の開拓、某メガバンクやソニーグループ向けの提案を行っています。セールスしているのは、インターネット回線、VPN、クラウドサービスなどネットワーク全般で、「bit-drive」というソニーネットワークコミュニケーションズ(以下、SNC)が提供する企業向けのITソリューションサービス。代理店様と連携して営業を行う際には、bit-driveのネットワークサービスと代理店様の商材とを組み合わせ、win-winの関係が構築できるようなセールス方法を企画・提案しています。例をあげると、ビデオ会議やIPカメラに強いソニーの法人販社を代理店としbit-driveのネットワークと合わせてオールソニーで提案する事でソニーグループとしての相乗効果を狙って受注するケースが多いです。某メガバンクの案件では、ショッピングモールや地下鉄などにある無人ATMの防犯カメラ回線をソニーの法人販社と連携して敷設の展開を行っています。ソニーグループ向けの提案ではSNC社内の各部門と連携してIoTを活用したサービスのインフラやソニー製品に関わる開発基盤としてのクラウドサービス提供などを行い、ソニーグループが行う事業を裏で支えるインフラ提案を行っております。

インタビュー

インタビュー インタビュー

「頼んで良かった」の言葉が最高の褒め言葉。
お客様の立場で考える丁寧なコンサルティングが信条

私が営業として働く上でやりがいを感じられるポイントは3つあります。まずはお客様に採用していただいたとき、次にお客様に導入いただいて感謝されたとき、そして最後はこれらのサイクルを継続することで営業としての数字目標であるKGI(Key Goal Indicator/重要目標達成指標)を達成したとき。数字目標を達成すると、社内メンバーからの信頼を得ることができるので、やりがいを感じますね。
また会社の看板を背負って営業をしているわけですが、お客様に個人としての仕事ぶりを評価されるのは、営業冥利に尽きるというもの。私が営業という仕事をする上で最も重視しているのは、お客様や代理店担当者に「私に仕事を任せて良かった」と思ってもらえるかどうか。
お客様の立場にたち、丁寧なコンサルティングを心がけた結果、「伊藤さんに頼んでよかった」と言ってもらえると、本当に励みになるんです。あるお客様に世界最速光回線インターネット「NURO」を提案し、導入させて頂いた際には、回線速度が劇的に改善し今まで回線速度が遅くて社内クレームに苦慮されていた情報システムのご担当者様に泣いて喜ばれたこともあります。事前のヒアリングによりネットワーク構成の移行もトラブルなく大変感謝されました。どんなにサービスがよくても、お客様に信頼されなければ、その先が続かないですよね。
信頼されるためには、とにかくヒアリングが大事だと思っています。セールス以前に、親身になってコンサルティングできなくては良い営業とは言えませんし、その一方では相手に合わせたセールストークも必要です。あまり専門知識がないお客様に対して専門用語を羅列しても信頼は得られませんから。
営業として働く上で魅力を感じる部分は他にもあります。私の担当は法人営業なので、相手が役員であっても対等に話すことができますし、営業活動を通して様々な方との人脈を築くことができます。また人と話すことによって知識や経験の幅も広がるなど、向上心のある方にいはとてもやりがいがある仕事だと思いますね。

インタビュー インタビュー

新しいことに挑戦できるベンチャー精神と
自由度の高さ、アットホームな雰囲気を兼ね備えた
風通しの良さが魅力

SNCはソニーグループという土台を持ちつつも、新しいことにチャレンジできるベンチャー精神を兼ね合わせていると感じます。また、個人・法人と幅広く事業を展開しているので、通信業界での活躍を目指す方には様々なビジネスを経験できる最適な環境が整っていると思います。入社したときは20代後半~30代半ば頃の若い中堅層が多く活躍しているなという印象でしたね。職場は殺伐とした感じもなく、和気あいあいとしたアットホームな雰囲気。人間関係や仕事内容でつまづいたときは周囲がサポートしてくれますし、ストレスレスに働きやすい環境だと思います。
仕事とプライベートはきっちりと分けて、職場の人とは仕事以外では接点がないという職場もあるかもしれませんが、SNCは公私ともに仲がいいですね。現在は同じ時期に子供が生まれたパパ同士でパパ会という飲み会を開いたり、サーフィン好きの人やバドミントン好きの人などが集まってサークルを作ったりと、仕事もプライベートも両立してSNCライフを楽しんでいます。

インタビュー インタビュー

リカーリング・ビジネスで定常的に利益を上げながら、
現場の声と営業の知見を活かして新しいビジネスを創出していきたい

直近の目標は代理店様の商材とコラボレーションをしてサービス化し、クラウドビジネスで大きな利益をリカーリング・ビジネスで定常的に獲得することです。私自身としては「企画のできる営業」になりたいですね。営業は最前線でお客様から要望を聞ける立場にいるので、営業の知識を最大限に活かし、現場の声を反映した新規事業を企画・立案して、SNCの新たな収益の柱になるようなサービスを作ってみたいと思っています。

例えば、中小企業だと情報システム部門にコストをかけられない場合が多いのですが、クラウドを導入していただくことでサーバーの保守管理を当社で一貫して引き受けることができます。お客様にはコストダウンにつながり、かつデータ紛失などのセキュリティ面も安心してお任せいただける。その分のリソースを別なところに向けてもらうことで、その会社のビジネス自体に支援を行うことができます。こんな風にお客様のニーズをしっかりと汲み取り、新たなビジネスモデルの創出を実現させていけたらと考えています。

一問一答

  • 営業として心がけていることは?
    メールを即日返すスピード感やお客様の立場を考えた話し方をする柔軟性・対応力。
  • お客様の信頼を得るのに必要なことは?
    約束(待ち合わせ時間・見積期日・納品時期など)を小さなことからでも必ず守ること。
  • 営業の醍醐味は?
    お客様と直接接する事ができるため、現場の生の声が聞けること。
  • 仕事をしていてうれしかったこと
    お客様に迷惑をかけてしまったが誠実に対応して受注できたことです。
  • ストレス解消法は?
    家族と一緒に過ごすことが一番の解消法です。
  • 新人教育はどのようにしている?
    あせらず2年3年先を見据えて基礎的なスキルを磨くようにしています。

応募者へのメッセージ

自分の5年先、10年先を考え将来を見据えて、自分の行くべき道を考えてほしいです。また基本的な知識やスキルを土台にして、将来より高いステージで活躍できるイメージを持ってほしいと思います。入社して気づいたことですが、私の部では表彰制度があり自分よりも若い人が実際に活躍しています。自分の裁量でどんどんチャレンジできるチャンスがありますね。
またSNCに入社するならばネットワークやサーバーなどの基礎的な知識は、どの部署でも役に立つので覚えてほしいですね。通信業界で成長したい方、ITの世界で新しいことにチャレンジしたい方、個人・法人ともにキャリアを積んでいきたい方など、ぜひご応募お待ちしています。

伊藤 憲次さんの1日

  • 9:30 9:30
    営業先へ直行
    テレフォンマーケティングからアポイントが入った新規顧客先へ、直行して営業。クラウドサービスを使った社内システムについて相談される。
    営業先へ直行
  • 11:00 11:00
    帰社
    メールをチェックして、今日のタスクを整理する。やるべきことをToDoとしてリストアップ。チームの新人とタスクの進捗の確認を行う。
  • 12:00 12:00
    ランチ
    午後の訪問先の近くでお昼ごはんを食べる。
  • 13:00 13:00
    代理店と打合せ
    当社のクラウドサービスをセールスしてくれている代理店から、新規顧客の要望についてヒアリング。会社に持ち帰って開発担当の部署と相談の上、翌週に提案書を出すことを約束する。
  • 16:00 16:00
    社内ミーティング
    毎週月曜日は、チーム内で週報やトピックスについて報告&相談。
  • 17:00 17:00
    書類作成
    既存顧客に対して、サービスの追加機能についての提案書、見積もりを作成する。関係部署からの承認をもらうために細かなミーティングをはさんで作業を進める。
    書類作成
  • 20:00 20:00
    退社
    一日のタスクと明日以降のタスク整理

他の営業・マーケティングの社員

他の職種の社員