営業 ISHIZUKA DAISUKE 石塚 大介 営業 ISHIZUKA DAISUKE 石塚 大介

社員の1日を見る

担当業務のご紹介
(職種紹介)

モバイル事業部門ビジネス推進部営業推進課でチームをまとめるマネージャーをしています。ソニーネットワークコミュニケーションズ(以下SNC)のモバイルサービスに関わる営業活動を担当しており、おもに3つの商材を担当しています。
まず1つ目はMVNO分野への参入を検討されている企業に対する、MVNEサービスの提案です。いわゆる“格安スマホサービス”のようなモバイルサービスを新規展開したいという企業に対し、サービス提供を実現させるための支援策を提案しています。
※(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者。通信キャリアから設備の貸与を受け独自のモバイルサービスを提供する事業者のこと。)
※(Mobile Virtual Network Enabler=仮想移動体通信サービス提供者。MVNO(仮想移動体通信事業者)の事業を支援するサービスを提供している事業者のこと。)
2つ目はnuroモバイル。ECサイトや実店舗を構えている事業者様などに対して、SNCのモバイルサービスである「nuroモバイル」を取り扱っていただけるよう営業、販促を行なっています。3つ目はプリペイドSIMで、空港に外国人旅行者向けのSIMカード自動販売機設置のご提案をおこなったり、旅行業者に外国人旅行者向けにSNCのプリペイドSIMを販売し営業をしています。
モバイル市場はここ数年で急激に成長していますが、特にMVNE事業立ち上げ当初はお客様に提案するためのたたきや営業メニューなどがほぼないゼロからのスタートだったので、競合他社に後れをとり、とても苦労をしました。その後SNC としてどのような提案が出来得るのかを、エンジニアやスタッフ全員で夜遅くまで討論し、協力してもらいながら多くの案件を手掛けることができました。今では大口案件を受注しつつ、モバイル事業も大きな成長を遂げています。
マネージャーとしては、チームメンバーの予算達成を管理することも重要な役割です。

インタビュー

インタビュー インタビュー

お客様が求めていることを理解し、
ご要望に対して柔軟に提案する

MVNEの営業はまず、「お客様の実現したいことはなにか」話を詳細にヒアリングし、ご要望を的確に把握することが重要です。
お客様が「こう思っているだろう」ではなく、明確に「こう求めている」と理解する必要があるのです。時にはご要望の実現が厳しい場合もありますが、仮にシステム面でご要望に沿うのが難しい際には、手厚い運用体制をご提案することでお客さまから受注を頂けることもあります。このような柔軟な提案力こそが営業に求められることであり、また面白さだと思います。
過去には競合他社に価格面で劣っていても、お客様の要望に合わせた提案が評価され、採用されるということも経験しました。お客様の要望を叶えるためには、どの機能を組み合わせたら良いのかを考えたり、競合他社の提案パターンを分析し、他社が思いつかない提案ができるよう工夫することで実績が伴う、とても面白い仕事だと思います。
また、SNCにはエンジニアやスタッフが一丸となって協力する体制がある点も魅力のひとつです。この協力体制によってお客様への柔軟な提案が実現しています。マネージャーとしてもチームのメンバーには本当に感謝しています。チームとしての共通目的に対して一緒にやり遂げたときの達成感は、大きなやりがいに繋がりますね。
また私はプレイングマネージャーなので、メンバーにやりがいを持ってもらうためにも「自分でやっているところをみせる」という指導をしています。特に若いメンバーには仕事の楽しさややりがい、達成感も味わってほしいと思っています。自分で考えて行動できるように指導していますが、やらされ感ではなく、自分で主体的に動くことで仕事というものの大変さと面白さをわかってほしいですね。

インタビュー インタビュー

年齢や経歴に関係なくチャレンジできる環境。
自ら戦略を立て行動することができる。

私はSNCに入る以前は通信業界とは全く違う異業種で働いていたのですが、裁量の大きな仕事にチャレンジできるか、仕事とプライベートの両立は可能か、といった働く環境の良さを重視して転職先を探したときにSNCを見つけました。面接などでお会いする社員の方々がとても明るくのびのびとしていて、自由に仕事をしている印象を受けたので入社を決めましたね。実際に感じるのは、年齢や経歴に関係なく自分のやりたいことにチャレンジでき、早くから大きな案件を任せてもらえるということ。
営業としては「こんな業種のお客様にこんな提案をしてみたい」と自分で戦略を立て行動することもできます。自分の裁量で仕事ができるので、意欲的に仕事に取り組める企業ではないかと思います。わからないことや困ったことがあったときは、先輩や上司に相談するとフォローやアドバイスをしてくれますし、失敗をしてもその経験を次に生かそうという前向きな姿勢があるので、大変働きやすい環境だと思います。また有給休暇も取りやすいので、プライベートと仕事のメリハリがつけられるのも魅力ですね。

インタビュー インタビュー

メンバーのアイデアや施策を大事にし、
社内コーディネートをしながら成功へのサポートを行う。

通信の仕事に携わったのがSNCに来てから2,3年と経験が浅いので、経験を積んで、もっと勉強してあらゆる知識を身につけたいと思っています。将来的にはLTEだけでなく、LPWA(Low Power, Wide Area。Bluetoothなどの数十mの近距離無線では満たせないカバレッジの無線の分類のこと)などの新しい通信規格なども手掛けられたらと思っています。新しいことにつねにチャレンジできればいいですね。
また、管理職という立場ですので、メンバーのアイデアや施策を大事にしていきたいと思っています。営業という職種はとにかくやってみる、チャレンジしてみるという姿勢がとても大事だと思っていますので、メンバーが悩んだり思いとどまってしまっている時などは、思い切って飛び込んでいけるよう背中を押してあげたり、社内コーディネートなどをして成功へのサポートをしていきたいと思います。

一問一答

  • SNCはどんな会社ですか?
    年齢や経歴に関係なくチャンスがもらえて活かせる会社です。自分の裁量で大きな案件も任してもらえます。
  • 福利厚生面はどんな感じですか?
    自分のスケジューリング次第で有給休暇もとりやすいです。オンオフの切り替えがしやすいですね。
  • 営業で工夫したことは?
    お客様目線でサービスのプランを細かく設定してお客様が選びやすくしました。
  • SNCの強みはなんですか?
    ひとつの案件にさまざまな職種のスタッフが一丸となって提案ができることです。
  • 休日は何をしていますか?
    家族で買い物に行くなど、家族と過ごしています。
  • 仕事中に気分転換するなら?
    普段、外出していることが多いので外出することが気分転換になっています。社内にいるときは13階の一人席に座ったりして落ち着きます。
  • 営業として気を付けていることは?
    社外だけでなく、社内の人たちに感謝の気持ちを忘れないこと。「買って良かった」「次もよろしく」と言ってもらえる営業を心掛けています。

応募者へのメッセージ

私自身、もともと人見知りで人と話すのも得意ではなく営業向きではありませんでしたが、現在は営業として頑張っています。自分には向いていないと思っても、気持ちがしっかりしていれば結果は後からついてくるので、先入観で決めずにやりたいことにチャレンジしてください。モバイルはさらなる大きな可能性を秘めたジャンルです。特にIoT(Internet of Things)においては、2020年には世界で500億個のデバイスがネットにつながると言われています。スピード感が求められる世界なので、自分で主体的に発信できる人にこそ向いていると思います。受け身ではなく自分の意思を持って自分で考えてチャレンジできる人に来てほしいですね。荒波にも負けずに、競合他社と競いたいという人は、ぜひ応募してみてください。

石塚 大介さんの1日

  • 9:00 9:00
    出社
    メールをチェックしながら、今日のスケジュールを確認。すぐに対応しなければならないこと、メンバーに任せることなどを仕分ける。
  • 9:30 9:30
    チームミーティング
    メンバーごとの仕事の状況を確認しながら、問題があれば解決策を一緒に考える。進捗が遅れている仕事に対しては、その原因を突き止めて対処を指示する。
  • 10:30 10:30
    新規開拓
    先週アポイントをとった新規のお客様を訪問。サービス内容をプレゼンして、漠然としていた導入後のイメージを明確化させる。お客様の反応も上々。
    新規開拓
  • 12:00 12:00
    外出先でランチ
    訪問先の近くで外食。社内にいるときは社食で。
  • 13:30 13:30
    2件目の訪問
    導入して日の浅いお客様だが、サービスの反響がいいので、さらに機能を加えてより会員のロイヤリティを高めたいというご要望をいただいていたので、追加機能を提案。
  • 16:00 16:00
    3件目の訪問
    既存のお客様を訪問。サービスに対するご不満などがないかを直接顔を合わせてヒアリング。メールなどではわからないお客様の満足度を推し量るため、足を運ぶ。
  • 18:00 18:00
    事務作業
    翌日の提案書の作成やスケジュールの確認。メンバーが抱えている課題の対処について相談に来たので、一緒に解決策を検討する。
    事務作業
  • 20:00 20:00
    退社

他の営業・マーケティングの社員

他の職種の社員