Webディレクター KOSUGA SUMIRE 小菅 すみれ Webディレクター KOSUGA SUMIRE 玉小菅 すみれ

社員の1日を見る

担当業務のご紹介
(職種紹介)

新卒入社後、会員管理の部署に配属したのちジョブ・ローテーション制度によって現在のインテグレーションサービス部ウェブインテグレーション1課へ異動しました。現在、所属しているインテグレーションサービス部ではソニーネットワークコミュニケーションズ(以下、SNC)のISP(インターネット・サービス・プロバイダ)事業で培ったネットワークの技術と、コンテンツ企画・制作のナレッジを活用し、実践的で信頼性の高いソリューションサービスを企業様向けに提供しています。
私が所属する課はWEBサイトの構築やマーケティングといった技術を活用した、法人向けWEBインテグレーション事業を業務としています。 その中で私はWEBディレクターとして、主にソニーグループのWEBサイトのデザイン・コンテンツ開発を担当しています。WEBサイトを新規で作りたい、修正したいというクライアントと、デザイナーやコーダー、プログラマー、ライターなど制作チームを取りまとめ、WEBサイト制作全般を監督・指揮する役目です。さらに制作だけではなく、WEBサイトのアクセス解析も仕事の1つ。PDCAサイクルによる改善提案や、広告など売り上げに直結したビジネスに関わるなどのWEBマーケティング支援も担当しています。
現在の担当は、ソニー・ピクチャーズやソニービル、ソニーの電子お薬手帳「harmo」のWEBサイト運用ディレクションなど。その他にも、ソニーグループ内外のサイトを担当中です。

インタビュー

インタビュー インタビュー

影響力の大きいサイト開発にチャレンジできるのは
ソニーグループならではの面白さ

自分が提案した企画が形になって世の中にリリースされた時はやはり嬉しいですね。あるアクション映画のwebサイト制作を担当した際、映画の内容から躍動感・爽快感を打ち出すべきだと考え、劇中のアクションシーン映像をwebページ内に埋め込み、その映像がスクロール表示されるというサイトを企画しました。実際にサイトをリリースするとSNS上でいいねを1,000件以上獲得する結果となり、クライアントにも満足していただけました。「クライアントに信頼頂き、よりご依頼頂けるように」ということを考え仕事に取り組んでいますが、自分の企画を通してクライアントのコンテンツがユーザーに広く認知されていくことも嬉しさを感じます。

このように、反響がすぐわかるような影響力あるサイトの開発にチャレンジできる環境があるのは、やはりソニーグループならではだと思いますし、何より日々進化するWEBの世界はおもしろくてやりがいがあります。いつでも良い企画が浮かぶよう、またクライアントへ様々な提案ができるように、頭を柔らかくすることを常に心掛けています 。またこの仕事の、様々な方とコミュニケーションを取りながら案件に向き合うことも、一致団結を感じられワクワクします。私は日常の中で、とくに「Face to Face」のコミュニケーションを大事にしています。やはりメールや電話だけだと言いたいことがうまく伝わらなかったり、受け取れなかったりすると思っています。雑談も含めて面と向かって話したほうが、勘違いもなく、またプラスアルファの提案もできることが多いです。

そして心掛けているのは「笑顔」。やはり仕事は人と人が進めるものなので、お互い意見を言いやすいリラックスした雰囲気を作り出すためにも、にこやかに接することを心がけています。そうすると、ちょっと難しい問題も解決しやすくなることもあります。実は私、学生の頃に秋葉原のメイド喫茶でメイドさんをした経験があります。これはその時に身に付けたスキル。お料理を美味しくする魔法も使えますよ(笑)

インタビュー インタビュー

こだわりや考え方など、それぞれの立場からの意見が
新しいサービスにまとめ上げられていく

今の部署については、WEBサービスのデザイン、プログラムの設計から導入、運用、保守まで一貫したサービスを提案できるのがSNCの強みで、インターネットに関わる色々な職種の人がいるので、色んな切り口で提案ができるということですね。プログラマーとしての工夫、デザイナーとしてのこだわり、ディレクターとしての考えなど、それぞれの立場からの意見を新しいサービスに向けてまとめていけるので、人としても幅広く成長できていると実感してます。

自由度が高く、若いときから裁量ある仕事を任せてもらえる環境があるのもSNCの特徴です。新人にはチューター制度といって先輩社員が1年間マンツーマンで指導してくれる制度があるので、現場での業務を通じたサポートを受けながら仕事の進め方やスキルを身に付けることができます。社内全体の雰囲気も自由で穏やかな人が多いので、コミュニケーションが取りやすい環境だと思います。

インタビュー インタビュー

提案したものが形になって世の中へ。
年齢に関係なくチャレンジできる環境。

今はお客様の売上アップやビジネス効果に繋がるデジタルマーケティングを提案し、日々PDCAを回していますが、今後は自分が企画したWEBサービスを立ち上げて、より幅広いビジネスに関わっていきたいです。やはり自分が提案したものが形になって世の中に発信されるのを見ると、「やって良かったな」と嬉しさもひとしおで、さらに頑張ろうと思えます。

SNCには、自分の年齢に関係なく裁量のある仕事にチャレンジできる環境が整っているおかげで、チャンスはいくらでも転がっていますし、自発的に動いた分だけ積む経験や成果などの見返りも大きいので、ぜひ新たな企画でチャレンジしていきたいと思っています。

一問一答

  • SNCに入社した理由は?
    ポストペットの大ファンだったからです。イベントへ行ったりグッズを集めたりしていました。またダイヤルアップの時代からインターネットが好きで、So-netプロバイダー創業当時から会員でした。そのため親しみのある企業だったからです。
  • 入社してやりたかったことは?
    大学時代に友人同士で「地下アイドル」のポータルサイトを作ったり、イラストを描いたりポスター制作もしていたので、企画などのWEBサービスに関われる仕事に就きたいと思っていました。
  • 仕事で困難だったことは?
    業界や技術、デザインなどの基礎勉強が必要だったこと。また、制作物の費用感覚や、制作メンバーのタスク・スケジュールの管理。趣味レベルでは通用しないと痛感しました。とにかく現場で経験して学び、わからないことは周りの先輩に聞いてまわりました。
  • SNCにはどんな人がいますか?
    体育会系の熱血漢タイプというよりは穏やかで人あたりの良い方が多いですね。趣味やこだわりを持っている人も多いと思います。
  • 職場の雰囲気はどんな感じですか?
    穏やかな雰囲気ですが、女性が強いと感じます。男女の差は感じたことがありません。
  • 休日はどう過ごしている?
    友達や会社の人と飲みに行ったり、映画・アニメ・マンガを楽しんだり、アイドルの追っかけをしたりしています(笑)
  • 今後挑戦したいことは?
    自分で企画したWEBサービスを立ち上げたいです。

応募者へのメッセージ

家族がソニーファンで、子供の頃から当たり前のようにソニーが身のまわりにあったので、憧れのソニーグループに新卒で入社できて本当によかったと思っています。風通しのよい自由な社風ですし、若手にもどんどん仕事を任せてくれるので、これをやりたい!チャレンジしたい!という主体性がある人にはベストな企業かと思います。やるべき仕事の幅が広いので「柔軟性」と「責任感」は必要だと感じます。ただ私自身もそうでしたが、やりたいことを伝えれば先輩や周りの人がサポートしてくれるので心配はいらないと思います。経験を積みながら成長ができる環境なので、ぜひ一緒にがんばっていきましょう。

小菅 すみれさんの1日

  • 9:30 9:30
    出社
    メールチェック 案件進捗をメンバーに確認
  • 10:30 10:30
    構成作成
    WEBページの構成を作成。ページの動きについてデザイナーと相談。クライアントへ資料を提出。
    運用作業
  • 12:00 12:00
    ランチ@社食
    同期か部署のメンバーと社食でランチを取る
  • 13:00 13:00
    クライアント訪問
    イベントのページを作成したいとのご依頼で、ヒアリングへ。ターゲット、スケジュール、掲載要素、テイスト、費用感などを確認。
  • 16:00 16:00
    アクセス解析、考察
    帰社してから、運用中のサイトのアクセス解析レポートを作成。人気コンテンツへ流入してそのまま離脱が多いことがわかったので、他コンテンツに回遊させるための導線を提案。
    コールセンターの状況チェック
  • 17:00 17:00
    提案書作成、見積もり算出
    イベントページ作成に向けた、提案・ページの構成を作成。提案内容が実現可能か、いいアイデアはないか、制作工数はどれくらいか、などを確認するため、制作メンバーに説明する準備をする。
  • 20:00 20:00
    退社

他のサービス企画・設計の社員

 

他の職種の社員