Webディレクター OTA YASUSHI 太田 悠史 Webディレクター OTA YASUSHI 太田 悠史

社員の1日を見る

担当業務のご紹介
(職種紹介)

法人向けのお客様に対するソリューションサービスの提供をおこなっています。ISP事業で培った技術力やノウハウを活かして、データセンターの管理やクラウドを用いたインフラ提供、システムやアプリケーションの開発、Web制作、動画やメール配信のASP提供、システムの運用保守などをワンストップで提供しています。
その中で私が担当しているのは、お客様からのご要望のヒアリングやシステム化の提案、システムの設計や開発、導入までのプロジェクト管理。開発中のシステムのスケジュールや課題、品質の管理など、プロジェクトをスムーズに進行させるためのリーディングを行っていくのが主な仕事です。例えば大手レコード会社様で「起動率が低く、あまりユーザーに見てもらえていないアーティストのスマートフォンアプリを、より多くの人に見てもらうためにはどうしたらよいか」という悩みに対し、原因は何か、またそれをどう解決していくかといった課題や施策を議論し、見てほしい情報がユーザーに伝わりやすい仕組みを提案しシステム開発をしたことがあります。
またソニーグループ内の技術展示会関連のシステム開発では、プロジェクトリーダー&マネージャーの立場で取り組み、デザインチーム、インフラチーム、アプリケーションチームと複数の会社に跨るプロジェクトチームの工程を管理しています。

インタビュー

インタビュー インタビュー

成果に対する評価をダイレクトに受け取る喜び
信頼を築くことが新たな成長に繋がる

以前はソフトウェアのシステム開発会社でエンジニアをしており、デスクでPCに向かってひたすらプログラム開発をしていました。けれども次第に「よりお客様に近い位置で仕事がしたい」と思うようになり、システムの設計から導入、運用までワンストップで関われる環境を求めてソニーネットワークコミュニケーションズ(以下、SNC)に転職しました。
人と会わないPC上のプログラム開発業務をしていた頃に比べて、お客様と対面でミーティングをしながら開発に関わるようになった現在は、お客様との日々のコミュニケーションによって、次第に信頼を得られてきていることを実感するなど、成果に対する評価をダイレクトに感じられる機会が増えました。
課題を解決していくことによってパートナーシップを築き、お客様からの信頼を得て新たな案件の話をいただけることもあります。自分の意見や企画提案を取り入れていただいたり、「こんなことに困っているのだけど」とご相談を受けたりすると、自然に仕事の幅がひろがっていることを実感して嬉しくなりますね。
一貫したサービスを提供することでお客様の満足度をあげることはもちろんですが、要望に応えるだけでなく、現在のトレンドやご自身が気づいていないニーズに、プラスアルファの提案を加えてこそ本当の満足に繋がると思うようになりました。そうした意味ではエンジニアとしての視野が広がり、物事を多角的に捉えられるようになりましたね。日々、世の中の色々なことに関心や興味を持つよう心がけ、引き出しも増えたと思います。

インタビュー インタビュー

自分なりのワークスタイルを確立できる自由な社風と
社員の成長を応援するための教育制度も充実

一言でいうと、自由な会社だと思います。服装やフレックス勤務など働き方などはもちろん、仕事のスタイルなども形式にとらわれることなく、社員それぞれの裁量に任せされているので、自分なりのワークスタイルを確立することができます。また仕事の中でわからないことや困ったことがあれば、先輩や上司に相談をすればアドバイスをもらえやすい環境です。仕事のあとにメンバーとボーリングやボルタリングに行ったりと、仕事抜きの交流も活発な、風通しの良い社風だと思いますね。
SNCは社員のやる気をとても大切にする会社。例えば社内公募でやりたい仕事にチャレンジできる「ジョブチェンジ」というユニークな制度があるのですが、年に4回の自己申告制で、例えばエンジニアから営業へとキャリアをチェンジできるチャンスもあります。さらにソニーグループ全体での研修や講座といった教育制度も充実。私自身はプロジェクトマネージャーになるための講座で品質管理とは何かを考えたり、プロジェクト管理をする上で大切なことをまとめたりしました。このようにスキルアップをしたいと思えば、いくらでも学べる環境が整っているのもこの会社の魅力といえますね。

インタビュー インタビュー

お客様と取り組む、ゼロからのモノづくり
企画段階から参画できるプロジェクトマネージャーを目指して

現在はプロジェクトリーダーを務めていますが、今後はさらに様々な経験を積み、キャリアを身につけて、企画段階から参画してお客様とともに新しいサービスを作り上げていけるようなプロジェクトマネージャーとして活躍できるようになりたいですね。そのために、現在は仕事を通じて日々精進するのはもちろん、チームをまとめるプロジェクトマネージャーとしての責任感を持ち、慎重に仕事を進めるようにしています。
業務を通じてだけでなく個人のスキルアップも必要なので、先に述べたソニーグループのプロジェクトマネージャー講座などを受講したり、プロジェクトマネージャーとしての技術資格、IPA(情報処理推進機構)といった資格の取得にもチャレンジしていきたいと考えています。

一問一答

  • 仕事をするうえで大切にしていることは?
    相手の立場に立って考え、丁寧なコミュニケーションを心掛けています。また立場的に自分のミスが大きな影響を与えてしまうので、慎重な判断をするよう心がけています。
  • この会社を一言で表現するなら?
    自由な社風。自分の裁量で仕事を任され、やりたいことにチャレンジもできる、風通しの良い雰囲気です。
  • 学生時代に夢中だったことは?
    野球。現在もたまに草野球をしたりします。
  • オフは何をしている?
    ジムに通ったり体を動かす、チームの仲間などとボルダリングをしたり体を動かすことです。
  • SNCのエンジニアの強みは?
    ISPで培った技術やノウハウでお客様に提案ができること。色んな業界や業種の方と接することもでき、エンジニアとして開発だけではない経験が積めて、幅が広がります。

応募者へのメッセージ

SNCではチューター制度と言って、先輩社員が指導者として1年間付いて成長をサポートしてくれる制度があるので、新入社員も安心して働ける環境が整っています。主体性を持ってチャレンジしていける人、専門職としてのプライドを持って困難な課題に逃げずに立ち向かえる人、問題に取り組める人はぜひ来てほしいですね。システム開発から導入、運用まで一貫して携わることができるので、努力すればするほど、エンジニアとしての幅が広がるかと思います。

太田 悠史さんの1日

  • 9:30 9:30
    メールチェック&スケジュール確認
  • 10:00 10:00
    外部スタッフと打合せ
    現在進めているスマートフォンアプリ開発について、協力会社の担当者と進捗の確認。さらに、先週持ち上がった課題の改善策を話し合う。やっと解決のメドがついてきた。
    外部スタッフと打合せ
  • 11:00 11:00
    資料整理
    案件ごとの進捗状況を整理する。スタッフ間で共有できるように、常に最新状態になるように更新していく。さらに、打合せで決まった内容についてリマインドのメールをする。
  • 12:00 12:00
    ランチ@社食
    今日はチームメンバーと社食でランチ。
  • 13:00 13:00
    資料作成
    これから訪問するクライアントに提案する資料の作成。急なオーダーの変更があったので、先週作っておいた資料を修正することに。きちんと検討を重ねたので、後はまとめるだけ。
  • 15:00 15:00
    クライアント訪問
    オーダー変更について、新たな提案を行う。さらに、導入済みのアプリの運用についてフィードバック。新規ユーザーも増えてきているので、現状のまま運用を続けていくことを確認。
    クライアント訪問
  • 17:00 17:00
    緊急対応
    帰社すると、緊急に修正してほしい案件があったようなので、担当者とともに対応。
  • 19:30 19:30
    退社

他のシステム/サービス開発エンジニアの社員

他の職種の社員