マーケティング OKABE NAMIKO 岡部 南海子 マーケティング OKABE NAMIKO 岡部 南海子

社員の1日を見る

担当業務のご紹介
(職種紹介)

世界最速の光回線インターネット「NURO光」のプロモーションを担当し、このブランドの認知度アップ、利用拡大を目指すのがミッションです。5年前に、それまで勤めていた広告業界から転職してソニーネットワークコミュニケーションズ(以下、SNC)に入社しました。プロモーションの仕事はCMやWEB、交通広告などのメディアを扱い、戦略立案、スケジュール管理、メディアへの出稿準備、公開後の反響確認まで一貫して携わります。最近では「NURO光」を月額500円で利用できるワンコイン体験キャンペーンを企画し、さらなる入会獲得に向けて活動しています。

インタビュー

インタビュー インタビュー

今までにないようなアイデアを生み出し、それを形にできる

まず世界最速の光回線インターネット「NURO光」という商品の独自性に魅力を感じています。そして「NURO光」のプロモーション活動では、キャンペーンCMを作ったり、グッドデザイン賞に出展・受賞したりと、ユニークな試みに挑戦し続けていけるので、自分で今までにないようなアイデアを生み出してそれを形にしていけることがやりがいです。

私がこの部署に着任してから最初の大きな仕事が、デビルマンとコラボレーションした「NURO光」のプロモーションCMでした。「NURO光」が初めて世の中に発表される大事なお披露目の時だったので、強いインパクトで、今までの光回線とは違う印象を持ってもらうことを狙いとして企画しました。

入社したばかりで回線事業の知識も乏しく、CMの作り方も全くわからないところから始まりましたが、プレゼンテーションをして予算を取り、スケジュールの確保、クリエイティブの制作チェック、各メディアへの入稿といったCMの制作工程をどうにかこなし、無事にオンエアできた瞬間はホッとしましたね。最も嬉しかったのは、その後に視聴者から反響をいただいたこと。

前職の広告会社では作ったものを世にリリースするまでが仕事でしたが、現職ではリリース後のお申込み者数のデータや、WEB上の声から「NURO光」の認知度などを把握できます。こういった反響が見えるところ、反響まで意識して戦略を立てられるところがプロモーションの仕事をする醍醐味ですね。

インタビュー インタビュー

世の中の流行に常にアンテナを張りながら新しいことに挑戦していける土壌

さまざまなカラーを持った人がいるため、社内は一色ではありません。各人がバランス良く配置されることで調和が取れていること、各人の個性が自然に受け入れられる風土なのが面白いです。1人に仕事を任される裁量が大きく、肩書や年次を問わずに言いたいことが言えるので、新しいことに挑戦しやすい土壌もあります。

なかでもプロモーションの仕事は、幅広く好奇心を持って、世の中の流行に常にアンテナを張っている人に向いていると思いますね。学生時代の勉強以外の経験も、アイデア出しや人の動かし方、プレゼンテーションの話し方や交渉の場面などで生かされてきます。

仕事の進め方にも特徴があります。プロモーションは自分の所属する部署だけでは完結せず、他部署に承諾してもらったり、サポートしてもらったりと周囲の協力が必要な仕事です。そのため、自分がお願いすることが相手の仕事にどう影響するのかを考え、先回りして段取りを付けることを心がけています。

この部署で働くことで、社内外との折衝能力や、プレゼンテーション能力が向上していることを実感しています。プレゼンテーションのやり方は、先輩社員の発表などを見て自然に覚えていきますし、それを自発的に行うタイプの人がこの部署には多いですね。

一緒に働く人たちが刺激となってチーム全体で成長していく風土の中で自らも大きく成長していく

まだまだ「NURO光」の認知度は十分ではないため、もっと多くの方に知ってもらうためのプロモーション活動を行っていきたいと思っています。そして新しい発想で効果的な企画を考え、チャレンジを続けたい。
私が入社した当初は「NURO光」の公式WEBサイトもなく、サイトを作るために自分がどう動けば良いのか模索し、いろいろな部署の人に話を伺いながら手探りで方法を見つけていきました。

CM制作で特に印象深いのは、2016年秋に発表した「NURO光ワンコイン体験キャンペーン」の告知CM。大きな黒いモデムが巨大なビルのように、都市の中に立っているビジュアルを打ち出しました。CM上で申し込みのキャンペーンをするのが初めての経験だったため、誇大広告や不正表示を防止する法律「景品表示法」の観点でテレビ局の考査が通るかなどの課題に直面しましたが、ひとつひとつの課題に対し、一人で抱え込むのではなくチームのメンバーで協力して解決していくことで、問題解決力や折衝力も身につきました。

一緒に働く人たちの意見やアイデアが刺激となってチーム全体で成長していける風土のなかで、色々なことを吸収して今後に活かしていきたい。SNCは会社全体でいろいろな事業を持っているのも面白いところですが、私は現在のポジションが好きなので、今いる部署でこれからも頑張りたいと思っています。

一問一答

  • 入社のきっかけは何ですか?
    新規事業の立ち上げと聞いて、大変やりがいのある仕事だと思えたことです。
  • NUROのプロモーションの魅力は?
    ユニークな試みに挑戦し続ける、オリジナリティーだと思っています。
  • 仕事をする上で大切にしていることは何ですか?
    仕事で関わる相手を思いやり、相手の立場を考えて行動することです。
  • 企画を作るのに行き詰ったら?
    悩んだ時は一晩置くと、朝には脳が整理されていて分かるようになります。
  • どんな能力や経験のある人が入社できますか?
    やる気があれば学生時代のスキルは関係ありません。
  • 休日の過ごし方は?
    家で海外ドラマを見るのが好きです。

応募者へのメッセージ

CM制作やWEBでのキャンペーンなどは、専門スキルがある人だけがする仕事と思われているかもしれませんが、実はそのようなハードルはなく、マーケティングの知識も不要です。
プロモーションの仕事は主体的にものごとを考えて行動できる人、コミュニケーションを円滑に図れる人が重宝されます。実務は入社してから覚えていき、早くから裁量の大きな仕事ができます。若いうちから自分の意見と責任を持ち、大きな仕事に果敢に挑む働き方をしたい方は、ぜひアピールしてください。

岡部 南海子さんの1日

  • 8:30 8:30
    出社
    朝が好きなので早く来ています。広告会社や制作会社など社外からのメール、社内からの調整のメールが半々くらいの割合で届いています
    出社
  • 9:30 9:30
    始業
    企画書や資料を作る時間です
  • 10:30 10:30
    営業部とミーティング
    兼務しているWEBページの制作に向けて、方向性を決めていきます
  • 12:00 12:00
    昼食
    13階にある、眺望の良い社員食堂で(社外で食べる日も多いです)
  • 13:00 13:00
    小ミーティング
    引き続き事業部のメンバーと営業メンバーでミーティングを行います
    小ミーティング
  • 14:30 14:30
    制作会社との打ち合わせ、発注
    制作会社と話をしてクリエイティブを依頼します
  • 16:00 16:00
    休憩
    13階の売店でお菓子と美味しいコーヒーを買って休憩
  • 16:30 16:30
    社内外との打ち合わせ、企画作成
    社内ミーティングは各自ネタを持ち寄って。打ち合わせは日に何度かあります
  • 18:00 18:00
    帰宅

他の営業・マーケティングの社員

他の職種の社員