So-netの森 調印記念式典2010年4月

So-netの森 調印記念式典

2010年4月17日(土)、佐久市大沢財産区は、前日からの季節はずれの降雪で一面の銀世界となっていました。佐久市では4月にこのような大雪が降ったのは41年ぶりということで、屋外での開催ができるか心配でしたが、幸いなことに天候は晴れ、風もなく穏やかな日となりました。 So-netの森の調印記念式典には、佐久市うすだスタードーム前の広場で開催され、

佐久市長 栁田 清二 様
長野県佐久地方事務所長 西 裕司 様
佐久市大沢財産区議長 阿部 昭次 様
長野県県議会議員 木内 均 様
佐久市立野沢小学校長 原 隆文 様
大沢みどりの少年団団長 丸山 稜雅 君

に出席して頂き、So-netからは吉田社長ほか、4月に入社の新入社員14名、プロジェクトメンバー9名他が出席しました。

So-net 吉田社長のあいさつ

So-net 吉田社長のあいさつ

So-netの森の記念式典を開催することができて大変うれしく思っています。この契約は昨年11月に締結させていただきました。So-netの会員は全国で383万人ですが、長野県には約3万5千人のSo-net会員がいらっしゃいます。So-netの森の活動は、企業としての環境活動の一環として位置付けています。
大沢財産区を選んだ理由ですが、ひとつは交通の便があります。今日、8時くらいに家を出て、10時には佐久平の駅に着いていて、とても近いと感じました。
もう一つは、So-netのスタッフがこちらを訪れたとき、大沢みどりの少年団の方々や地元の人達の温かい心遣い、特に手打ちのウドンが暖かった(笑)ということも決め手になったと聞いています。
私は経営者として、会社もSo-netの社員も成長させていきたいと思っています。このSo-netの森を育てていくことによって、しっかりSo-netも成長していきたいと思っているので、引き続きみなさまに見守っていただきたいと考えています。本日はありがとうございました。

協定書記念プレート交換とアダプトサインの除幕

協定書記念プレート交換とアダプトサインの除幕

長野県佐久市とSo-netとの間で森林保全活動に関する協定を締結しました。
地元の間伐材を使った協定書を柳田市長と交換し、「So-netの森」を示すアダプトサインの除幕を行いました。

記念植樹

記念植樹

今回の協定締結を記念して、山桜の木を植樹しました。
来年の今頃には白い花を咲かせてほしいです。

記念撮影

記念撮影

観測史上41年ぶりとなる4月の都内の雪に思わずモモ妹も冬眠か!?と
勘違いしてしまい式典に遅れたものの、最後の記念撮影終了後に到着し、再度の記念撮影を行いました。みどりの少年団のみんなは大騒ぎとなり、ブログ取材のモモ妹はあっという間に取り囲まれてしまいました。

地元の人達との交流会

地元の人達との交流会

お昼は、地元の人達とSo-net社員との交流会を兼ねた昼食会を行いました。これからの活動についていろいろな意見をいただきました。新入社員とは年齢が二回りも三回りも違う財産区の議員さんたちは、とても気さくな方たちで、話が弾みました。
みどりの少年団の皆は、モモの花やモモ妹からSo-netのお土産をもらって大喜び。これからも一緒に活動しましょう 。

森林保全活動の必要性

  • 森林保全活動の必要性1
  • 森林保全活動の必要性2

長野県佐久地方事務所の泉川さんから、森林の保全がなぜ必要なのか、現状の森林はどのような状態になっていて、これからどのようにすべきなのかなど、具体的な事例を引いてレクチャして頂きました。この活動が地球温暖化の防止に少しでも役に立てばとの思いで、モモの花やモモ妹にもしっかりとレクチャを聞いてもらいました。

森林保全活動の実習

森林保全には、植林や下草刈り、除伐、間伐などさまざまな作業があります。のこぎりや鎌など手と身体を使って作業することが基本ですが、ここでは普段森林の保全をされているNPO法人「信州そまびとクラブ」の人達から、チェーンソーの使い方を教わりました。エンジンの大きな音やチェーンの高速回転に驚きながら丸太の輪切りに挑戦しました。防護服を着て、教わった通りにエンジンを吹かすと見る見るうちに太い丸太が輪切りになりました。最初はおっかなびっくりでやっていましたが、操作に馴れてくると回転するチェーンの上部を使って丸太を切ったりと、さまざまな使い方が出来るようになりました。

  • 信州そまびとクラブの人からチェーンソーの使い方を習いました

    信州そまびとクラブの人から
    チェーンソーの使い方を習いました

  • いよいよ自分でチェーンソーを操作。大きなエンジン音に少し腰が引け気味

    いよいよ自分でチェーンソーを操作。
    大きなエンジン音に少し腰が引け気味

  • 防護服を来て、真剣なまなざしで取り組みました

    防護服を来て、
    真剣なまなざしで取り組みました

大沢財団区副議長 浅沼さんから

大沢財団区副議長 浅沼さんから

みなさんはいつも会社の中でパソコンとにらめっこばかりでしょう。頭の中が煮詰まってきたら、たまにはこういうところに来て、身体を動かし、森の新鮮な空気を吸いにきて気分転換をしてください。今回みたいに会社ぐるみで来なくても、個人的に来てもらっても大歓迎です。いつでもお待ちしています。

「So-netの森」のこれから

今回は植林や除伐を行う予定でしたが、雪に覆われていたため断念せざるを得ませんでした。次回以降は本格的に地元財産区の人達や信州そまびとクラブの人達と一緒に森林保全活動を行っていきたいと考えています。

森林保全活動は始まったばかり、これから4年間So-netの活動の様子をこのページでみなさんにご紹介していきます。 また、今回の様子は「モモ妹、PRESS腕章が入りません。」のブログでも紹介される予定です。モモ妹の取材活動や、モモの花の活躍ぶりを見てください。

http://momo-imouto.blog.so-net.ne.jp

集合写真

公式 SNS

ページの先頭